Home > ユーザ事例紹介 > 株式会社クラウンパッケージ様

ユーザ事例紹介

株式会社クラウンパッケージ様

ハイエンドCTPソリューション 日本製図器工業・アグフア・マンローランド

flashplayer動画が表示されない方は最新のFlashplayerをダウンロードしご覧ください。

株式会社クラウンパッケージ
【会社概要】 株式会社クラウン・パッケージ
東京本社 〒110-0006
東京都台東区秋葉原2-1クラウンビル1F
名古屋本社 〒485-8654
愛知県小牧市小針3丁目67番地
website:http://www.crown-grp.co.jp

マイクロフルートについて
http://www.crown-grp.co.jp/microflute.html


環境への配慮も視野もいれた業界最強のパッケージCTPフロー

単面構造設計・面付けレイアウト・木型データ作成など、CTPフローの根底を支えるArtios CAD。特色が多用される入稿データをスムーズに製版処理 するPackEdge。面付けデータへのグラフィックデータ流し込み、アクセサリのレイアウトを一瞬で行うPlato。作成された一連のファイルをネイ ティブのまま処理し、Rip処理の圧倒的な高速化を図ると共に、PSなどの中間ファイルを用いないことによる出力事故を極限にまで減らした FlexRip。現像液不使用による環境への配慮を行ったケミカルレスCTPシステムAvalon VLFとAzura。パッケージ製版の最強仕様とも言うべき、環境配慮型パッケージ・ラベル対応の世界No1ワークフローです。



企画・設計・デザイン部でのパッケージ構造設計及びグラフィックデザインの作成。ここで作成したデータが製版部のCTPフローへ流されます。


左上:製版部。Artios CAD、PackEdge、Plato、FlexRip、PiCSYS全ての端末が並んで置かれ、それぞれが連携した効率の良い業務を実現。 右上:PackEdge。企画または外部から入稿されたデータを製版処理。インクの整理・トラッピングなど、従来では時間の掛かる作業を短時間で処理。 左下:Artios CADとPlato。入稿された単面図をArtiosで修正・面付け作業を行い、Platoで製版済みデータと面付け図面を使ってデジタル殖版。抜木型データもここで作成。 右下:FlexRipとPiCSYS。PlatoレイアウトデータをネイティブのままRip。PSワークフローに比べて段違いの高速処理を実現。作成された1BitTIFはネットワークでVLF側のPCへ転送。一連の処理で生成したデータはPiCSYSを用いて案件ごとに一元管理されます。



AGFA製 Avalon VLF + Azura + プレートマネージャによるプレートのロードから現像洗い出しまでを自動で行うプレートレコーディングシステム。奥からプレートマネージャ・Avalon VLF・Azura。プレートレコーダにはサイズの異なるプレートをカセット別に同時に格納可能。左上のコントロールPCから出力サイズを指定するだけで自動的に指定サイズのプレートを排出。
Avalon VLFは安定した処理、高品質、抜群の生産性を提供する、超大型フォーマットA倍サイズに対応した外面ドラムサーマルプレートシステム。Azuraは露光後のガム洗浄するだけで印刷機にかけることができるケミカルレスのプレート。現像液を使用しないため、工程削減やコスト削減、環境保護印刷を実現します。



マンローランド製DIC-MANROLAND 900。1.2mm厚のマイクロフルートに直接オフセット印刷。クラウンパッケージの主力製品「Gプリント」を支えます。

■クラウンパッケージ様の話

クラウン・パッケージが掲げる3つの理念、1)環境にやさしいパッケージによる社会貢献。 2)新しいパッケージ文化の創造。 3)他社に真似されても、真似しない。
「当社の理念に沿った印刷設備を導入は不可欠でありました。今回、これらのワークフロー及びCTPを決定、導入したのはその様な経緯からです。」そう製造部オフセット課の山中氏は話します。
「日本製図器工業のCTPフロントのワークフローは、製図から製版までが一貫して処理できるシステムで、そこに高精細印刷・セキュリティ印刷といった技術による付加価値の創造と、当社のGプリントとの融合による他に類のないシステムが出来るからです。そこに、ケミカルレスCTPであるアズーラを付け加えることにより、現像廃液ゼロの環境に対応した製品作りが出来るメリットを付け加え、当社の理念に沿ったソリューションが完成できたといえます。」 CTPが当たり前になった現在、ただCTPを入れただけではなく、他社との明確で効果的な差別化を打ち出していけるのも我々のソリューションの大きな特徴です。

導入ソリューション一覧構築ワークフロー図

ハイエンド総合包装設計製造ソリューション Artios CAD

Artios CAD新規での作図はもとより、外部からの持込みデータの不備を一瞬で補正・修正する機能や、デザイン用塗り足しの作成、面付けレイアウトの作成から面板・木型用データの作成までも行う業界シェアNo1の総合包装設計用CADソフトです。

詳しくはこちら

パッケージ用製版ソフト PackEdge

PackEdgeIllustratorなどで作成された入稿データに対して、不要パスの削除・使用インクの整理・トラッピングなど、従来時間の掛かっていた作業を一瞬で処理するデータ製版処理用ソフト。
極小マイクロフォント、ラインスクリーン、ラインエンボスなどのデザインセキュリティを施すことも可能です。

詳しくはこちら

デジタル殖版ソフト Plato

KongsbergArtios CADで作成された面付けレイアウトに、PackEdgeで処理された製版済み単面グラフィックを流し込み、プレートレイアウトを作成するデジタル殖版用ソフト。
ゴースト防止用の捨てベタやカラーパッチ、トンボなどのアクセサリも自由に配置が可能です。

詳しくはこちら

高速演算Ripソフト FlexRip / CTP工程自動処理システム BackStage

KongsbergPackEdge、Platoで処理されたデータをネイティブのまま、1bitTIFへの高速演算処理を行うRipソフト。ネイティブデータを扱うことにより、他製品よりも圧倒的な高速処理を実現。スクリーニング方法もAM、FM、AM・FM混在型や、FlexRip独自のHighline(AM高精細)など、様々な網点を生成できます。

印刷紙器業務統合管理システム  PiCSYS

KongsbergCTPソリューションで作成されたデータを案件ごとに管理・保存する紙器製造工程管理システム。ファイルのドラッグだけでデータベースへ登録できる簡潔なインターフェースや、ファイルの修正による改変履歴の管理も可能です。

詳しくはこちら

各製品のお問合せはこちらまで

e-mail sales@nsksystem.co.jp
お電話 06-6578-0190

 




NSK