Home > ユーザ事例紹介 > 東京リスマチック株式会社様

ユーザ事例紹介

東京リスマチック株式会社 サインディスプレイスタジオ板橋

A倍・B倍印刷の「48時間納期」改め「24時間納期」への原動力

東京リスマチック株式会社東京リスマチック株式会社(本社:東京都荒川区 鈴木隆一社長)は、東京23 区内で22 店舗、6 カ所の生産拠点を展開し、デザイン・出版業や一般ビジネスの印刷サポートを中心とするDTP 入出力サービスの最大手の企業。

オフセット印刷からサイン用大判印刷まであらゆる印刷事業を軸とした展開で広く知られている。

 

POD(プリントオンデマンド)への取り組みも早く、目的に合わせたさまざまなインクジェットプリンタを有するため、顧客ニーズに最適な手法で幅広く対応している。

プリントの後加工としては、日本製図器工業よりコングスバーグXLを導入し、さまざまな紙やサイン資材を自由な形状にカッティングするフローを既に構築しており、幅広いニーズにこたえる付加価値を持っている。

写真はKongsberg制作例

 

今回は都内最大規模の生産拠点である、サインディスプレイスタジオ板橋へ2008 年8 月に導入 された「高速フィニッシングカッターマシン FOTOBA(フォトバ)」を紹介する。

FOTOBA はプリントアウトされたメディアを必要なサイズに自動カットできるマシンである。

インクジェットプリンタの高速化に伴って、デリバリーの高速化を実現できるようになったが、ポスターなどの小ロット印刷物については、最終仕上げのカッティング工程が手作業によるもので、梱包・出荷までのフローの中でも特に問題視されていた。

カッティング作業はスピードと慎重さを必要とし、最も神経を使う部分であり、大判になればなるほどカットミスが起きた時の代償が大きかった。その問題を一気に解決できるのがこの"FOTOBA"である。

サインディスプレイスタジオ板橋


自動カットで印刷からフィニッシングまでを1度で

自動で全辺余白を一瞬でカット

FOTOBA は、印刷メディアを納品サイズに自 動カットするフィニッシングマシンだ。

印刷されたメディアをセットし、カットする X 軸Y 軸を調整すれば後は自動で4 辺をカット。 調整自体も単純なため、簡単に扱うことができる。 メディアへ斜めにプリントされた場合は、メディ アのセット自体が斜めになっていても、プリント 時にあらかじめ付加される「FOTOBA カットマ ーク」を読み取り、本機が自動で補正するため、 必ず角が直角にカットされる。

これにより、今まで手作業で行われていたカッ ト工程をすべて自動化した上、高品質の仕上げを 高速で可能にした。

無理なく納期短縮を実現

同社では「1600 × 3600mmを48 時間で納品する」という高速・高品質サービスをこれまで展開していた。

競争力としても十分差別化を図ることがで きるサービスではあるが、FOTOBA の導入により、さらなるサービス向上につながった。これまでの「サイン・ディスプレイサービス48 時間納期」 を「24 時間納期」とし、顧客ニーズをさらにつかんでいる。

実際、手作業によるカットを行っていた時は、多い時で10 人掛りになることもあったという。今ではその作業は1 人で行っている。

また、2階でプリントし、カットするためにメディアを1階へ運ばなければならなかったのだが、FOTOBA導入後はプリント後にそのままカットすることができるようになったため、ダイレクトに梱包作業へ移るようになった。まさにプリント後加工の革命と言える。


印刷から直接カット工程へと進むため合間の余計な工程が無い。
更に自動カットで高速かつクオリティの高いカット仕上げを行なうことができる。

日本で初導入も簡単操作で安心

FOTOBA の使い勝手やメンテナンスについて 同社では以下のようにコメントしている。

「FOTOBA の操作は特にノウハウが要らず簡単 でした。スピードが5 段階まで選べますが、今は 普通のスピードにしています。それでもスピード・ クオリティともに満足しています。
運用面では、 週に1 度簡単なメンテナンスを行うだけなので、 手軽に扱えます。導入時にエンジニアから『刃は 特別なことがない限りいつまでも替える必要がな い』と言われたので替え刃は持っていません」

FOTOBA は操作・メンテナンスともに単純で 簡単になるよう設計されている。だれでも簡単に 使うことができるため、導入から即戦力となった。

導入後、間もなく同社が48 時間納期から24 時間 納期へと大きく進化した一端を担っている。


刃のメンテナンスは簡単に行なえ、取替えの必要もない

FOTOBAマークを自動認識し、ゆがみの無いカットを実現

歴史あるFOTOBA

FOTOBA 社は1974 年よりサイン・グラフィッ ク資材に対するカッティングマシンの開発を始めている。
今では市場拡大に伴い、写真サイズからスーパーワイドフォーマットまで、さまざまな機種で自動カットを実現している。

FOTOBA 社の長年の経験と新製品開発には定評があり、カット工程において圧倒的な世界シェアを誇る。

東京リスマチック なんでも相談窓口 プリントデスク
TEL 0120-269-132
URL http://www.lithmatic.net/

導入ソリューション


FOTOBA [フォトバ]

XL 250 / 320XL 250 / 320

スーパーワイドロール対応XY自動カッター

最大3300mmまで対応可能なスーパーワイドカッター

・最大0.8mm厚までの様々な資材をカット
・最速スピード18m/分

さらに詳しく…
Kongsberg [コングスバーグ]

Kongsberg XLXL シリーズ

小ロット生産に対応したマルチカッティングマシン

あらゆる資材の加工ができる強力カッティングマシン

板紙・段ボールを初め、積層強化段ボール・各種フォーム材・ゴム・ウッドパネルやアクリル板などのカットにも対応したマルチカッティングマシン。

さらに詳しく…
NSK