Home > 製品情報 > 木型・面版用のデータの作成について

Artios CAD

総合設計CADシステム 紙器・パッケージ・緩衝材・サイン他

1つの図面で木型・面版用データまで全てを作成

図面作図と同時に木型・面板用データも作成。
前工程に掛かるリードタイムを短縮

作成した図面データを最適な付け合わせで面付けし、CTPで使用するレイアウトデータ作成。 それと同時に面板用データと抜木型データも作成する。
このように作図の段階で必要となるデータを同時に作成することは、前工程のリードタイムを短縮させる手段として非常に重要です。

面板の自動作成、木型作成に必要な各種要素の自動展開など、これまで外注に頼っていた部分を社内で行える用にする為の手助けになります。

前工程に掛かるリードタイムを短縮

落丁(ストリッピング)の作成

木型図面より、オス・メスのオフセットやピンの配置をクリック1つで行うことができます。また、配置設定は複数持たせることが可能な為、図面の仕様に合わせてピンの形状を自社仕様に変更するなど、設定のカスタマイズも簡単に行うことが出来ます。

面板データ、面付けデータの作成

専門知識がなくてもボタン1つで簡単に面板や面付けデータが作成でき、高い精度を要求する熟練の方の要望にも十分応えられる様々な機能を多数収録しています。

面付け機能

溝幅や図面のセンターピッチで面付けを行います。5種類の面付けパターンを選択するだけで簡単に入れ子面付けを行えます。

スタンダードシートレイアウト

選択された用紙サイズに、指示した溝幅・余白・面付け方法で自動的に面付け結果を複数パターン算出します。用紙のサイズや面付け方法を算出するのに適しており、印刷紙器に有効に使用して頂ける機能です。

木型データの作成

面付け図面より、ベニヤサイズ、捨て刃、ビス穴の配置を行い木型図面を作成します。各機能の設定数値や形状は、設定された機械情報により最適な数値が自動設定される為、簡単に図面作成を行えます。

ニス版データ作成

面付け図の塗り足し・コーティングラインに対して、ニス版(ブランケット)のカット図面を自動で作成できます。またカット方法を2種選択でき、仕様に合ったニス版図面作成を簡単に行うことが出来ます。

面板データ作成

罫幅やテーパーツールのサイズ等を設定することで、クリック一つで最適な面板図面を作成できます。面板修正ツールも充実しており、数値を変更しての再構築、形状変更を簡単に行うことが可能です。

面板面付け

複数の面板が必要な場合、また素材のロスを最大限に抑える為、面板面付け機能を搭載しています。面付け機能同様に、1図面の面付けから他図面との付け合わせを行うことも可能です。

NSK