Home > 製品情報 > Artios CAD モジュールとは

Artios CAD

総合設計CADシステム 紙器・パッケージ・緩衝材・サイン他

モジュールについて

モジュールについて

基本的な作図を素早く、簡単に制作できるのはもちろんArtiosCADなら作図データを使い3D化から木型、面板、CTPにいたるまで様々なデータを誰でも作る事が可能です。

ArtiosCADは1つ1つの機能がモジュールという単位で分かれています。

作図する機能、定型を利用する機能、図面を3Dにする機能などに分かれている中から、必要な機能を組合わせ1つのCADとして使用します。

例えば3D機能を利用しない場合には、3D機能を省くことができます。必要な機能のみをチョイスし導入することで、初期コストの削減が可能です。 導入後に利用したい機能が発生した場合でも、ライセンスの更新で機能を追加し、すぐに利用することができます。

ここではモジュールごとの機能をご紹介致します。


  デザインモジュール

デザインモジュールArtiosCADが備える描画ツールは、まさにペンとカッターを使用しているような直感的な操作感とインターフェースを実現しています。その操作性は初めてCADを使う人であってもその日から作図ができるようになることからも実証されています。

基本数値の入力だけで自動で図面作成が行なわれる定型作図機能や編集機能、Illustrator等の他ファイル形式の読込みなど、構造設計をより簡単に、スムーズに行えるモジュールがそろっています。

デザインモジュール

  3Dデザインモジュール

3DデザインモジュールArtios 3Dは、複雑な図面でも素早く組上げる画期的なツールによって賞を獲得するほどの優れたソリューションです。平面図でカット線と罫線の線種を指定すれば、簡単に3D組上げプレビューが可能です。多様なデザインを組合せることが可能なので、パーツの分かれた複雑なディスプレイなどの集合体も作れます。

パッケージする内容物の3次元CADデータがあれば、ArtiosCAD上で緩衝材の最適な寸法の自動算出や定型作図機能で外装箱の設計、内容物の納まり具合の検証を行うことが可能になります。 内容物の3次元データ作成は単純な形状であればArtiosCADでも作ることができます。 ArtiosCADの設計能力は既存ソフトの枠を超えた新次元の領域に突入しています。

3Dデザインモジュール

  マニュファクチュアリングモジュール

マニュファクチュアリングモジュール作成した図面データを最適な取り都合で面付けし、CTPで使用するレイアウトデータの作成を行います。同時に面板用データと抜木型データも作成することが可能です。このように作図の段階で加工時に必要となるデータを同時に作成することは、前工程のリードタイムを短縮させる手段として非常に重要です。

本来職人技として高い経験と知識が必要な分野ですが、面板の自動作成、木型作成に必要な各種要素の自動展開など、詳しい知識を持っていなくてもデータの作成が可能となり、木型製作、前準備のワークフローを大きく進化させました。 もちろん熟練の方の高い要求にも応えられる専門ツールも多数用意されています。

マニュファクチャリングモジュール




NSK