Home > 製品情報 >NSKオリジナルエディション

Artios CAD

総合設計CADシステム 紙器・パッケージ・緩衝材・サイン他

NSKオリジナルエディション

日本の業界事情にあわせ加えられたNSK ArtiosCADのオリジナル機能

幅広い業界で使用いただくため独自にArtiosCADのカスタマイズを行い、使いやすさの向上を図っています。

作図スピードをアップさせる機能や、各業界に特化した情報の蓄積など、必要な機能を追加。これらの機能はNSKのArtiosCADならば標準で追加されています。

デザイン設計者の直感操作を可能する、豊富な作図機能をご紹介

ジオメトリ:ロゴやケアマーク

図面そのものだけでなく、図形のフラップや差込み部分などの図形パーツ、ケアマークなども定型パターンと同様に用意されています。定型パターンと同様に寸法を入力すると、その大きさに変更し、図面内へ配置することが可能です。また、カスタマイズも可能です。

定型:NSK仕様定型

数値入力だけで、同形状の異なるサイズの図面がすぐにできあがる便利な機能。紙器パッケージ・段ボールをはじめ、POPサインディスプレイや重量梱包業界用に用意された定型パターンを約1,100種収録しています。

平面・罫線・コーナートンボ

印刷・加工に必要な各種トンボが登録されています。カスタマイズ可能で独自のトンボ形状へ変更することも可能です。

各メーカーの原紙情報

板紙・段ボール・強化段ボール・フォーム材・サイン資材など各業界で使用される資材情報が登録されています。設計時や3Dイメージ、3Dデザイナーでの緩衝材設計に使用して頂けます。

カウンター機能での資材設定

面板作成のノウハウを登録できます。これから面板作成を行われる方でも、瞬時に単面図より面板作成が行え、高品質な面板加工で生産効率を大きく改善できます。

面付けでの用紙マスター

A判やB判、また四六判・菊判など面付けに必要な資材が登録されています。自動面付け機能使用時に、用紙マスターを基に面付けの自動シミュレーションを行うことが可能です。

面付け図面への自動寸法

シートサイズ、面付けの送り幅、シート端からの距離など、手動での採寸が手間となる面付け図面への採寸作業を自動的に行います。

NSK