Home > 製品情報 > 包装設計専用CADならではの特別な機能

Artios CAD

総合設計CADシステム 紙器・パッケージ・緩衝材・サイン他

包装設計専用CADならではの特別な機能

業界のセオリーを熟知したArtiosCADならではの操作性

Artios CADが備える描画ツールは、まさにペンとカッターを自分の手で使用しているような直感的な操作感とインターフェースを実現しています。その操作性は、初めてCADを操作する人であっても、その日から作図が出来るようになることからも実証されています。

紙器、段ボール業界をはじめ、サインディスプレイ、重量梱包業界用にカスタマイズされた定型パターンも収録し、用途の幅を大きく広げています。

デザイン設計者の直感操作を可能する、豊富な作図機能をご紹介

POPディスプレイ設計

グラフィックデータに対し、ArtiosCADで切抜き線をトレースするのも簡単にできます。人型パネルやロゴやキャラクターの周りを切抜いたディスプレイ作成などに役立ちます。

一括寸法・詳細図表示

ワンボタンで必要であろう個所に寸法が入ります。寸法の配置変更や削除は自由。選択部分のみの寸法を表示することも可能です。細かな部分は別途、詳細拡大図で部分拡大寸法の作成も可能です。

塗り足し(ブリード)の作成

必要な面だけ選んで、ブリード線をワンクリックで制作することができます。設計者とデザイナーのスムーズな制作環境を提供し、またブリード線はIllustratorでマスク線として使えるので余計な作業を省きます。

プレイバック

どのような手順で作図されたのかその順序をArtiosCADは全て記憶しています。定型作図機能によって作られた図面も同様で、プレイバック機能を使えば作図手順が全て分かります。これを使って効率の良い作図手順の研究が行えます。

シーケンス・カットプレビュー

CAMに出力する際にCAD上でカットの順番を変更、シミュレーションすることが可能です。溝幅の狭いところやカットオーバーを出したくない場合はこの機能を使用してカット順を変更し、より綺麗なカットが行えます。

線種変更

罫線やカットとして引いた線を、ジッパーやミシン刃、波線など特殊な線種に変更できます。ピッチ・サイズは自由に変更でき、線種登録すれば次回からは線種選択するだけで登録された特殊な線種に変更されます。

緩衝材定型

定型作図機能は用紙の厚さで逃げが変更するようになっています。緩衝材なども定型化し、内容物によって用紙を変更し緩衝材の強度を持たせる。ことも簡単に出来ます。

ダイメーカー調整

他CADから持込んだEPSやDXFなどのデータの場合、線と線が離れていたり線が斜めになっている、という座標の違いによる図形のゆがみが発生しますが、ダイメーカー調整を使い自動でゆがみ個所を見つけ、修正することが可能です。この作業で綺麗な図形へと戻ります。

NSK