Home > 製品情報 >AutoBox 段ボール用製函機

Autobox

AutoBox 段ボール用製函機

 

Autobox[オートボックス]は、小さな箱から大きな箱まで約100種類の形状の箱を秒単位で製函する段ボール用自動製函機です。セッティング時間など実稼働以外の手間を徹底的に省き、生産ライン全体の効率化を実現します。

Autoboxは従来の段ボール製造ラインでは実現できなかった生産合理化が可能です。小ロット多品種化が進む中、手間と時間のかかる作業を合理化し、企業収益を高める戦略機器として運用が可能です。

 

Autoboxは、独立した機能をもったユニットをつなぎ合わせることで用途を広げる組立タイプです。
※左写真は3つのユニットで構成されています。

HiPAK Kinetic[キネティック]はスリット折加工。HiCUTはダイカットを可能とし、HiFLEXではフレキソ印刷で製品のクオリティを高めます。操作は非常に単純で導入後すぐに稼働できるマシンです。シンプルなタッチパネルインターフェイスで、箱の様々な形状・サイズを簡単に変更できます。

大きな箱か小さな箱か、ラップかまたはもっと複雑な箱なのか。HiPAKのボタンを押すだけで全て決定できます。


Autobox ユニットについて

HiPACK Kinatic [ハイパックキネティック]Youtube

HiPACK KineticHiPAKは全てのコアとなる製函機。
この1台で高速な段ボール加工を実現します。

 

  • 約1分の簡単な自動段取り替え
  • 50以上のボックススタイル
  • 最高生産速度1200箱/h
  • 最大75%のエネルギーを削減
  • 100mm〜2600mm幅の資材対応

製函形状例・機械スペックを表示

生産速度 :最大1200箱/h
形状登録数
:50以上(HiCUTとの組合わせで倍に)
最大資材幅
:最大2600mm幅
最小資材幅
:最小100mm幅×330mm長
段取替え時間
:約30秒 - 自動/ツールレス
スロットナイフ間の距離
:最大1750mm
スロットナイフの厚み
:7mm(オプション10mm)
スロットナイフの長さ
:最大500mm
対応資材
:E段〜AA段
電源/電圧
: 200V 3-phase, 50/60Hz at 8 amps
機械サイズ
: 3200mm x 1250mm x 1250mm
機械重量 : 2,000 kg

HiCUT [ハイカット]Youtube

HiPACK KineticHiCUTは、HiPAKからさらに対応する形状を増やします。100以上のボックススタイルで窓ありダイカットなどが可能に。

 

  • 100以上のFEFCOボックススタイル
  • XY軸でのカット
  • ダイカットの利用が可能
  • 全てを1工程で


製函形状例・機械スペックを表示

生産速度
:最大1200箱/h
形状登録数
:100以上
最大資材幅
:最大2600mm幅
最小資材幅
:最小100mm幅×330mm長
段取替え時間
:約1分 - 自動/ツールレス
対応資材
:E段〜AA段
電源/電圧 : 220-600V 3-phase, 50/60Hz at 8 amps

HiFLEX [ハイフレックス]Youtube

HiPACK Kineticフレキソプリンタにより、さらに品質のよい商品を届けることができます。

  • 従来の樹脂版・インクを用いて印刷
  • シリンダのサーボ制御により版固定位置を任意に設定可能

 

Autobox 全ての動画はこちら

NSK