Home > 製品情報 > CRUSE[クルーズ]

CRUSE

クルーズ ポータル 2D + 3D スキャナー

Portal 2D+3D Scanner

portalスキャナー portalスキャナ1

CRUSE Portal 2D + 3D SCannerは、1回のスキャンでカラーイメージと、表面の凹凸をグレースケールイメージで同時にスキャンすることが出来る新タイプのスキャナシリーズです。
簡潔なオペレーション・人間の立体視に近い凹凸検知技術に加え、これまでCRUSE社が培ってきたリアルスキャナのイメージング技術の融合により、高精細な表面質感を捉えることが可能なスキャナです。

portalスキャナ2
  • 1回のスキャンでカラーデータと表面凹凸データを取得可能。複雑なパラメーター設定や別途専用処理が不要。グラビア印刷の同調エンボス版作成にも最適な仕様。
  • 最大1700dpi相当の超高解像度を接写でスキャンする為、非常に細かいディテールを取得可能。布の繊維や皮革のツボ、木の導管なども詳細に捉えます。
  • 表面の凹凸のスキャンには人間の立体視に近いアルゴリズムを採用。人が感じる凹凸に近い自然な表現を取得可能。

スキャンデータ サンプル集

portal_scan1
portal_scan2

高精度フォーカシングシステム

高精度な接写を行うため、フォーカス(高さ)の調節は光学レーザーとボールゲージで行います。0.001mm単位の超高精度な高さ調節もダイヤルを回すだけで簡単に行えます。

portal_scan3

LEDライトによる高速スキャン

ヘッドの駆動は精度を重視するためリニア駆動を採用。ライトはLEDを採用し、高速なスキャンを実現しています。

portal_scan4

1スキャンでカラーと深さ情報を同時取得

別途専用の処理を行うことなく、1回のスキャンでカラーと深さのデータが取得できます。光源の強さや解像度は自由に変更可能で、最大解像度は1700dpiまで対応します。

portal_scan5

深さ情報のヒストグラム表示

スキャン時に深さのヒストグラムを確認することができるので、適切なパラメータを直感的に設定して深さデータを取得することができます。

portal_scan6

カラー付きハイトマップで高低差を確認

被写体の高低差情報(ハイトマップ)をカラー別に確認することも可能。実物の高低差を正確に捉えているかの確認も簡単におこなうことができます。


Portal 2D + 3D Scanner

Portal 2D + 3D
Type1:Portal 2D + 3D in 15μm Type2:Portal 2D + 3D in 30μm
・40mm幅ストリップスキャンによる高精細スキャン
・壁紙や布地などの平物素材に最適。
・拡散ライトによる黒トビの少ないスキャンを実現。
・105mm幅ストリップスキャンによる高速スキャン。最大10mmのフォーカス深度。
・木材やセラミックなど暑さのある資材に最適。
Size:70×70cm / 180×200cm

Portal 2D
Type3:Portal 2D
・約7分で600dpi 100×100cmの高速スキャンが可能。
・カメラは7300×3px×RGB CCDセンサーを使用。
・ライトの強さを調節可能。ICCによるCMSに対応。
Size:70×70cm / 180×200cm

搭載オプション

  • LEDライトシステム
  • 3Dビュー/診断ソフトウェア
  • リアルタイム3D演算システム ※Type1及びType2にのみ付属
  • Scanソフトウェア
  • バキュームボード
  • CRUSE Professional ICC Profiles

NSK