Home > 製品情報 > CTPソリューション Plato

Computer To Plate

Plato

Platoは、Artiosネイティブを読み込み、殖版作業を効率化
デジタル殖版システムCTP化に伴いフルデジタル化を実現する為のソフトウェアです

Artios CAD上で面付け、塗り足し処理された図形データをPlatoに持ち込み、単面グラフィックデータを読み込むと、自動的にレイアウト図形に流し込まれます。
後はパッケージのフラップや差込の上下関係指示、面番やアクセサリートンボの配置で殖版作業を簡潔に完了させます。


テンプレート

レイアウト読み込み



テンプレート

プレートをテンプレート化し登録出来ますので、プレートを選ぶだけで画面にプレートが表示されます。

PSFIX機能によりデータの簡素化最適化を行いフルデジタル化での問題を極力抑える事が可能です。

レイアウト読み込み






エディター

アジャストシステム



エディター

面付けデータをダブルクリックすると単面作成用のエディターが立ち上がりそこでCADデータとグラフィックスデータをあわせる事が出来、マスクなどの作業が出来ます。

面付け状態に戻りますと自動で流込みが完了しアジャストマスク処理が行え重なりの上下関係やインク球や帯の作成が可能です。

アジャストシステム







アクセサリー



アクセサリー

様々なアクセサリーを登録呼び出しが可能で、印刷機ごとのカラーストリップやマークを簡単に配置します。



NSK