Home > 製品情報 > durst >durstテクノロジーと最上位モデル Rho 1312/Rho 1330

durst

durstテクノロジーと上位機種

最上位モデル Rho 1312、Rho1330

Rho 1000シリーズ

Rho1012とRho1030には上位機種としてRho 1312とRho 1330というモデルがあります。
Rho 1312は12ピコリットルでありながら620m²/hという生産性を実現し、Rho 1330は1250 m²/hという圧倒的な印刷速度を実現しています。 さらに印刷品質の向上や、より光沢感の出るグロス仕上げモード、フルオートによる印刷を行うための給排紙機構など、高速印刷を実現するための全てのシステムがアップグレードされています。

Rho 1300のメディア搬送システムは、これまでは印刷が困難だった資材に対してもより幅広く対応するため、より強力なバキューム吸着やロールメディアにシワが入らないための高精度セッティングを実現。熱に弱い資材に対しては、機械の外部に設置された追加UV硬化ユニットにより、印刷時には弱めのUVを当ててメディアの反りや伸縮によるシワを最小限にし、その後のUV照射によって完全に硬化させることが可能となっています。

Gradual Flow Printingテクノロジー

Rho 1312とRho 1330には、「Gradual Flow Printing」と呼ばれる画期的な印刷機能が搭載されています。 印刷縦幅が比較小さい物に対して使用できる特殊な印刷モードで、シングルパスに近い方式で印刷し、印刷時間の大幅な短縮を実現する新テクノロジーです。

durst Rho1000 Series アドバンスドプリンティング テクノロジー


durst Quadro Array プリントヘッド

durst Quadro Array プリントヘッドテクノロジーRho 1000シリーズのプリントヘッドには、最新のdurst Quadro Array printheadテクノロジーが使用されています。

Rho 1012/Rho 1312には、12ピコリットルのQuadro Array 12M printheadを搭載し、Rho 1030/Rho 1330には、30ピコリットルのQuadro Array 30M printheadが搭載されています。1列当たり1024のノズルがあり、プリントキャリッジ上には65,000以上のノズルが搭載され、高い生産性と高品質印刷を高いレベルで両立させています。

インクドロップ偏差は1.5μ以内と非常に高い精度を実現しており、4ptテキストのシャープな印字や、滑らかなグラデーションの表現など、プロダクションプリンタとは思えないほどの品質で印刷することができます。

磁気リニアドライブ

磁気リニアドライブプリントキャリッジは極めて高度な磁気リニアドライブにより駆動し、これにより一貫した印刷を確実に行います。
更に優れた正確性と信頼性をもたらすため、2μの許容差以内の精密性を維持しています。製造時に使用される材料は全て高品質なものを使用し、一貫したハイパフォーマンスと最も信頼性の高いマシンとして、24時間生産体制と最小限のダウンタイムの実現につながりました。

durst Rhoインク

durst Rhoインクdurst Rhoインクは、幅広い資材に対して完璧なパフォーマンスを提供します。 優れた色素沈着により、高い被覆率と平米当たりのインク使用量を削減し、コスト効率を非常に高い物にしています。 durst Rho インクは、全てのラインナップにおいて臭いが非常に少なく、VOCを一切含んでいない人体にも環境にも優しいインクで、有名なGREENGUARD認証を受けています。

 

 

Rho POP インク

Rho POPインクはPOPディスプレイに最適な、非常にエコノミーなインクです。
PVC、スチレン、ポリエステル、ペーパーボードをはじめ、POPディスプレイに使用される資材全般に対して高い適性を持っています。 固いインク表面、グロスな仕上がり、屋外対候2〜3年などの特性を持つインクです。

Rho Paper and Board インク

Rho Paper and Boardインクはペーパーボード、段ボールなどの紙系資材に対して高い適性を持つインクです。
非常に柔軟性のあるインクで資材を折り曲げてもインク割れが非常に起こりにくい性質を持っています。
また印刷直後であってもインク表面の粘着性が非常に小さいので、印刷物を積み重ねてもインク移りが起こりません。

NSK