Home > 製品情報 > ELCEDE ラバーカッティングマシン

ELCEDE

ELCEDE ラバーカッティングマシン

ELCEDEは1996年からウォータージェットのテクノロジーに特化しており、ラバーカットにおいて品質、精度、性能の全てにおいて最高レベルを保つため幾つもの機械を発表してきました。以来、自動のアングルカットを行う5つのCNC制御軸搭載ウォータージェットマシンを提供する、世界で唯一のサプライヤーです。
なかでもRUBBER Mate[ラバーメイト]は、紙粉低減用の抜木型用ラバーをはじめとする、各種資材のカッティングを行うウォータージェットシステムで、最大15度までのテーパーカットを行うことが可能です。

テーパー加工とは

ELCEDE[エルシーディー]ウォータージェットで加工ができるテーパーカット加工とは、ゴムをナナメにカットする手法です。ゴムをナナメカットすることでビビリ、ヒゲ問題が解決されます。


従来ゴムの場合、力の伝わりが一定ではないためビビリやヒゲ問題が発生していました。
しかし、ナナメ加工可能なテーパーカットは押し付けた際の、力の伝わりが一定となりビビリやヒゲ問題を解決することができます。

ELCEDE[エルシーディー] ラバーカッティングマシン ラインナップ


  RUBBERMATE pro


高精度ウォータージェットカッティングマシン
・最大ワークエリア:1000×1000mm
・±15°までの自動角度カット

さらに詳しく…

 RUBBERMATE

エントリーレベルのウォータージェットカッティングマシン
・ワークエリア:1000×1000mm
・簡素なオペレーション


さらに詳しく…

 

NSK