Home > 製品情報 > kongsberg > i-XN フィーダーオプション

Kongsberg XN series フィーダーオプション

小ロット生産に対応した 新世代マルチカッティングマシン

XNシリーズの加工汎用性に自動生産機能をプラスしたKongsberg XN series

i-XN Feeder

kongsberg i-XL

Kongsberg i-XNシリーズに、フィーダーオプションを搭載したモデルです。
XNシリーズの特長である交換式ヘッド、豊富なツールによる加工対応幅の広さとサイズラインナップ、i-XNシリーズの特長であるコンベア式のテーブル、i-cutカメラによる自動見当・全方位補正といった機能はそのままに、フィーダーによる自動生産体制を構築します。


搭載可能なヘッドとツールシステム

i-XN Feederに搭載できるヘッドは汎用型のフレキシヘッドと、ミーリング搭載型のマルチカットの2種類。XNシリーズ同様、豊富なツールによる様々な資材の加工に対応します。

 

i-CUT Layout前方にコンベアを延ばす延長オプションの搭載

i-XN24,44には、アンロードテーブルの代わりに、コンベアテーブル自体を前方へ延ばす、エクステンションテーブルオプションがあります。長く、重さのある資材に対しても、余裕を持った製品のピックアップ作業が可能になります。

※:テーブルサイズは大きくなりますが、加工ワークサイズはそのままです。

i-CUT Layouti-cutによる自動生産ワークフローの構築

カットジョブの管理はi-cut Proが担当。加工枚数の管理やカット位置合わせの自動化はもちろん、データ内の指定の部分だけを加工する部分出力を行うこともできます。

 

NSK