Home > 製品情報 > Kongsberg > X series

Kongsberg series

小ロット生産対応型 新世代マルチカッティングマシン

Kongsberg_X

システムオプションの追加により、様々な仕様用途にベストマッチ
ハイエンドマルチカッティングマシンの新シリーズ

Kongsberg Xシリーズは、同XNシリーズの後継機種としてリリースされた新プロダクトモデルです。
XNシリーズの特長であった豊富なツールとサイズラインナップ、交換式ヘッドなどの仕様はそのまま継承し、 1ヶ所に集約されたコントロールステーションやバキュームセクションなど、ハイエンドクラスのCシリーズで採用されている仕様を 取り入れることにより、オペレーションもより簡単で洗練された、両シリーズの長所を取り入れているモデルとなります。

またXシリーズでは、「Starter」というエントリーグレードが新たに登場し、より無駄のない初期導入が可能になりました。 Starterモデルでも、アップグレードという形でグレードを後から上げることも可能で、同じ機械でありながら 機械スペックをステップアップさせていくことが可能になっています。

これまで培ってきたノウハウをさらに進化させ、利便性を向上させたモデル


Kongsberg_X

加工可能資材は紙・PP/PETなどのパッケージ全般から段ボール・リボードなどの紙製什器全般、積層段ボール・プラ段などの重量包装資材全般・シールラベルなどの高精細カット、さらには硬質で厚みのある産業資材のカットにいたるまで様々。

新しくなった「カット可能資材一覧」をみる>>

Kongsberg[コングスバーグ] Xシリーズの代表的な特長

交換式ツールヘッドによる柔軟な資材対応と多彩なツール

ツールヘッドの交換が出来る仕様と、交換可能なヘッドがラインナップされ、加工資材対応幅が増えました。
バーコードによるツール自動認識機能も使用することが可能です。

Xシリーズのヘッドラインナップ Xシリーズのツールラインナップ

ラック&ピニオンラック&ピニオン駆動による高精度加工と堅牢性の両立

Xの駆動部にはラック&ピニオンを採用。硬質素材の加工や小ロット生産時の長時間連続稼働時にも、高い耐久性と加工精度を実現します。

テーブルトップ長年のハード使用に耐える頑丈なテーブルトップ

テーブルトップは可能な限り凸部分を無くしたフラット形状。資材の出し入れが非常にスムーズに行えます。また人が数人乗っても問題ない頑丈さで、長期間の激しい使用でもテーブルに歪みが出ることはありません。

専用ステーション専用ステーションでオペレーションを効率化

PCと機械操作ボタンを1カ所に集約したオペレーションコンソールの採用により、機械操作と資材のセッティング作業がよりスムーズに行い易くなっています。
※:オプション構成になります。

エクステンションテーブル加工品の取り出しを容易にするエクステンションテーブル

コンベアテーブルを前方へ延長するエクステンションテーブルオプションがXでも搭載可能。生産稼働を止めること無く、加工後製品のピックアップ作業が可能になります。
※:オプション構成になります。

バキュームセクション複数の領域に分かれたバキュームセクション

バキュームを効かせる領域を設定できるバキュームセクションオプションを搭載可能。小さい資材サイズでも、ゾーンバキュームで効率良く吸着させることができます。
※:オプション構成になります。

テーブルスタイル用途に応じて選択できる3種類のテーブルスタイル

Xシリーズでは使用用途に応じて選択できる3種類の基本構成スタイルを用意。要求される用途に最も合ったテーブルスタイルを分かり易く提案します。

「Xシリーズ テーブルスタイル」について詳しく見る→

Kongsberg[コングスバーグ] Xシリーズ オプション

Xには拡張機能を付加するオプションが用意されています。資材の搬送やローディングの自動化、ナイフの高さ調整アシストなど、省力化と生産効率をアップさせることができます。

コンベアテーブルオプション シートフィーダーオプション
コンベアテーブルオプション
天板マットを可動式フェルトコンベアにし、資材搬送を自動化するオプションです。後述のフィーダーオプションと組み合わせることにより、資材の自動供給体制を作ることができます。
シートフィーダーオプション
シート状の加工資材をスタックし、そこから自動で資材を送り出すオプションです。機械の後方に連結セットされます。
ロールフィーダーオプション X-Padオプション

ロールフィーダーオプション
ロール状の加工資材をセットし、そこから資材を引き出すことが出来るようになるオプションです。機械の後方下部にセットされます。

X-Padオプション
ツールの刃先を計測するオプションです。加工開始前にツールの状態を自己診断し、摩耗に合わせてツールの高さを補正する自動調整機能を提供します。 自動生産時のツール摩耗によるカット不良を軽減させます。

NSK