Home > 製品情報 > LAMINA > LAMINA合紙機 Basicタイプ

LAMINA

LAMINA合紙機 Basicタイプ

LAMINA合紙機 Basicタイプ

 

新たなビジネス展開に最適な入門用エントリーモデル

セミオート合紙機LAMINA BASIC[ラミーナ ベーシック]はLAMINAシリーズのエントリーモデルです。

機械の上下に合紙用資材をセットし、下部のシートはフィーダーによる自動搬送、上部のシートは手動給紙により貼合を行うセミオートタイプです。

わずかな投資で新たなビジネス展開を図ることのでき、エントリーモデルとしても十分なスペックを持ちます。

他のモデルと同様に、モジュール構造になっており、片面フィーダーや、ダウンスタッカー、プレッシャーベルトなど、様々なオプションを必要に応じて追加する事が可能です。


合紙機詳細

Lamina合紙機 Basicシリーズは以下を装備しています。

Flip Flopオプション

※再生ボタンクリックで開始

Non Stopオプション

※再生ボタンクリックで開始

自動精密グルーユニット
資材表面へ正確にコールドPVAのりを塗布するグルーユニットには、グルーコンテナに直接つながれた自動グルーディスペンサが装備されており、センサーにより自動制御されています。
マシン停止中はローラーがアイドリング状態となり、回転速度が下がります。
また、グルーユニットはトップとボトムのシートコンベヤを垂直に動かすことができるのでクリーニングも簡単に行うことができます。
手動トップシートフィーダー
トップシートの手動給紙ユニットです。
資材幅200mm〜2000mmに対応する各モデルが用意されています。寸法表はこちら...
自動ボトムシート連続フィーダー
ボトムシートの自動給紙ユニットです。
シートは連続バキュームベルトにより搬送され、0.6mm〜10mmの資材厚みに対応します。
自動位置調整付きラミネートステーション
ラミネートステーションでは、トップとボトムのシート位置を自動制御により調整しています。
シートのエッジ、またはオペレーター設定にあわせ自動的に位置調整され、0.5ミリ以内で精密なラミネートを行います。シートが適切に配置されていない場合、センサーによりラミネート加工を防ぎます。
プレッシャー(加圧)ステーション
完全なラミネートを施すため、グルー塗布後の流し工程において、調整可能な加圧ローラーシステムを搭載しています。
スタック(積載・積み重ね・集積)テーブル
完成した合紙を重ねるテーブルです。用途によって回転や抜き取りが可能です。
PLC制御システム
PLC制御システムはタッチスクリーンモニターにて、操作状況、マシンのセットアップ手順、マシン制御機能のタッチスクリーンアクティベーション、ビジュアルアラーム付きの完全診断が表示されます。
(オプション)プレッシャーベルト
こけら板状に合紙を並べることで連続搬送が可能なラバーベルトです。9個のスチールリールにより圧力をかけ資材を圧着させます。シートサイズにより調整可能です。
(オプション)ダウンスタッカー
完成した合紙を重ねるテーブルです。通常のスタックと違い、仕上がり枚数にあわせ自動でテーブル底の高さが調節されます。その為、大変多くの合紙品を重ねることが出来ます。これにより人員削減が可能です。

LAMINA BASIC シリーズ 寸法表

モデル 最大シートサイズ 最小シートサイズ 機械本体サイズ 機械本体重量
BASIC 1110 1100×1100 mm 200×500 mm 2050×5000 mm 2200 kg
BASIC 1116 1100×1600 mm 200×500 mm 2050×5600 mm 2950 kg
BASIC 1416 1400×1600 mm 200×500 mm 2350×5600 mm 3150 kg
BASIC 1420 1400×2000 mm 200×500 mm 2350×6000 mm 3250 kg
BASIC 1620 1600×2000 mm 200×500 mm 2550×6000 mm 3500 kg



NSK