Home > 製品情報 > NS-Measurement [罫線測定器]

NS-Measurement

罫線測定器


手作業で行っていた抜き後の罫線高さの測定をオート化

食品パッケージなど、箱を組み立てながら自動充填するような製品の場合、パッケージには
高い精度が求められます。ロットの抜き始め、中、後と段階を踏んでのチェックは1枚に対し
平均16箇所の測定が必要です。
これまで全て手作業で行われていた面倒なパッケージ罫線測定をオートメーション化しました。

測定時の様子

【新機能】 罫線測定器とPiCSYSの連携∗連携はオプションです

NEW業務管理システム PiCSYS」と連携
   木型情報と測定結果を一元管理

PiCSYSの木型情報に単面図と面付図を登録することで
生産実績時にリンクされた木型情報を使用して罫線測定を
行うことが出来ます。
測定された結果は、PiCSYSのデータベースに残りますので、
過去の生産履歴から測定結果を確認することも容易になります。

NEWPiCSYS for NS-Measurement」
   5つの導入メリット

1、単面図の罫線測定位置を自動附番します
2、罫線高さの測定や測定結果の記録を残す作業をオート化
3、目視で行われていた罫寄り判定をオート化します
4、罫線測定を機械化することで安定した測定結果と
  時間短縮を計れます
5、木型情報と測定結果が連動することにより、案件違いや
  図面違いなどのヒューマンエラーが減らすことができます

レポートファイルを出力できます

測定結果をExcelファイルにして出力可能。
閲覧や保管が容易です。

罫線測定器[NS-Measurement] の主な仕様

レーザーによる 1/1000 精度

μm(マイクロミリメートル)単位で罫線測定が可能。

面倒な計測を全て自動化

測定対象の紙を設置すれば、図面の罫線部分を次々に
測定していきます。

測定した罫線を図解で表示

測定した罫線の形状を一目で分かる形で表示。

罫寄り判定機能を搭載

罫線幅の中心と実測での罫線の中央の誤差を測定する。
設定した誤差の許容値を基準にズレの判定を行う。

[赤横線]が罫線幅[mm]
[赤縦線]が罫線幅から計算した理想的な中心[mm]
[青縦線]が波形の頂点から導き出した実測的な中心[mm]

オーダーに合わせてカスタマイズ可能

  • 盤面サイズはオーダーにより変更が可能

罫線測定器 外見と寸法

NS-Measurement 罫線測定器
寸法:W × D × H 800 × 735 × 1023 mm
質量 100kg
測定可能範囲:X×Y×θ 480 × 480 × 180°
最小表示単位 0.01mm、0.01°
測定精度 ±10μm
測定可能な厚み、幅 厚み:10mm 幅:12.5mm
供給電源 AC100V 50/60Hz
設置環境:温度/湿度 20℃ ±3℃/60% 以下
ブロワーモータ 360 x 280 x 300 mm

∗1 盤面サイズはオーダーにより変更が可能です。
∗2 製品改良のため、仕様・外観は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
∗3 一部計測が難しい条件があります。詳しくはご相談ください。


NSK