Home > 製品情報 > PiCSYS 導入メリット02:営業支援

PiCSYS

印刷紙器業務統合管理システム

導入メリット02 営業支援

印刷紙器業界が最も頭を悩ませる業務の一つに見積書の作成があります。
見積書の作成は、各営業の方の営業力・提案力・ノウハウ等を駆使して行われますが、せっかく過去の見積資料があるのにもかかわらず、それを効率よく探し出し、使う事が出来ないために生じる手間や、新版であれば新たに行わなければならない丁取計算で生じる作業時間など、本来であれば短縮されるべき所に膨大な作業時間を必要としているのが現状です。

PiCSYSではこのような非効率的な作業を、資料のデジタル化によって大幅に改善します。

営業の効率化

見積自動計算により、営業の方だけで見積書を作成。大幅な時間短縮を実現

PiCSYSを用いればCADのネイティブデータを含めた関連情報を一つの図面付き仕様書データとしてまとめて管理することが出来ます。もちろんデジタルデータですので前述の資料保存のためのスペースも必要ありません。 またCADデータはネイティブなため、仕様の変更が起きても常に最新の状態が保持されますので、改定前の古いデータを使用して製造を進めてしまった事により起こっていたミスなどデータの履歴管理による問題が解消します。


必要な資料を簡単検索。業務効率を飛躍的に高めます

PiCSYSで管理されている資料は、必要な時に必要なデータを検索して簡単に取り出すことが可能ですので、データが必要な時に瞬時に資料を引き出し、顧客の要望に対してスピーディに対応・提案を行うことが出来ます。
PiCSYSは、データをただ蓄積しておくのではなく、有効に活用することまで含めたデータ管理を実現します。

見積もり自動計算

見積もり自動計算

この結果、リピート商品に対しての効率化は言うまでもありませんが、新規見積書の作成においても大幅に時間を短縮することが可能です。また、新版時で図面が無い場合でも1000種類以上の定型図面の中から図面の形状を選ぶことで、営業の方がCADの詳しい知識を持っていなくてもL・W・D(縦幅・横幅・高さ)の数値を入れるだけの簡単な操作で図面の作成、面付シミュレーションを行う事が出来ます。これにより営業スピードが飛躍的に向上し、企業の競争力を高めます。

定型図面作成 面付シュミレーション

定型図面作成

面付けシュミレーション


営業活動分析機能による業務改善

PiCSYSは受注内示から管理を行えますので、営業担当者ごとの受注率や失注率といった自社営業活動の分析にもご利用頂けます。

営業活動分析












『PiCSYS 概要』へ『デジタル化とデータ管理』へ

『導入メリット・生産業務』へ『デジタル化とデータ管理のメリット』へ



オンオラクルOracle を使用した様々な開発を手がけています。
日本製図器工業株式会社は、オラクル社認定のOn Oracleに登録されています。


資料請求・お問い合わせについて
紙器製造工程管理システム『PiCSYS』の資料請求、お問い合わせはこちらのメールアドレスまで、お気軽にお問い合わせください。

NSK