Home > 製品情報 > PiCSYS 導入メリット03:生産業務

PiCSYS

印刷紙器業務統合管理システム

導入メリット03 生産業務

PiCSYSを用いてのデータ管理は、CADのネイティブデータを含めた全情報を各部署が共有することが出来るため、生産業務においてもメリットを生み出します。

最新のデータ・進捗状況をリアルタイムで管理

現場ではCAD面付図を確認することで印刷、抜きでのズレが起こるなどの確認不足によるミスを防ぎます。さらにスケジュール管理や最新のデータ・進捗状況をリアルタイムで把握することで、これまでお客様からのお問い合わせがあると、工場などの生産現場に直接進捗状況を問い合わせていたことが、画面上の共有データを確認することで完結。 顧客からの問い合わせに対し生産現場への確認作業を行うことなく、事務や営業担当者で対応することが可能になります。


最新のデータ・進捗状況をリアルタイムで管理

型図面プレビュー型図面プレビュー 拡大

型図面プレビュー

型図面プレビュー 拡大


バーコードを用いた生産管理。ミスを減少させ正確な情報を管理

バーコードを用いた生産管理。ミスを減少させ正確な情報を管理また、これまで紙媒体資料で発生していた行き違いや記載ミス、チェック漏れなどの問題に対して、工程毎の開始・終了時にバーコードを用いた生産管理方法を採用することでミスの減少に成功、迅速かつ正確な情報の受け渡しを可能にしました。

生産計画を立てる際も、ガントチャートを採用することにより分かりやすい生産計画を簡単な操作で立案することが可能です。










『PiCSYS 概要』へ『導入メリット・営業支援』へ

『導入メリット・販売管理』へ『デジタル化とデータ管理のメリット』へ



オンオラクルOracle を使用した様々な開発を手がけています。
日本製図器工業株式会社は、オラクル社認定のOn Oracleに登録されています。


資料請求・お問い合わせについて
紙器製造工程管理システム『PiCSYS』の資料請求、お問い合わせはこちらのメールアドレスまで、お気軽にお問い合わせください。

NSK