Home > 業界別デジタルフロー > 印刷紙器(パッケージ)業界

solition

CTPソリューション

CTPソリシューション製版・殖版・RIPなどの工程詳細は以下をクリックしてください。

全体工程フロー図、ユーザ事例はこちら→


CTPソリューション 面付け処理について

 面付けデータをそのままデジタル殖版へ活用

詳しくはこちらArtios CADで単面図が完成すれば、面付け作業は非常に簡単に行うことが出来ます。

面付けを行うシートのサイズを決定し、そのシート状でマウスを操作するだけで面付けが完成します。付け方の種類もストレートや完全入れ子、フラップ入れ子に完全対応。罫線トンボやコーナートンボも1ボタンで作成可能です。ここで作成された面付けデータがそのままデジタル殖版作業の際のテンプレートとなる、CTPにおける最も重要な作業ともいえます。

Artios CAD面付け作業
Artios CAD面付け作業

設計した単面図を面付け工程やillustratorのデザイン工程へ使用。

ここで面付けしたデータをそのまま殖版作業へ。罫線トンボなどもここで作成できます。

Artios CAD面付け機能をさらにくわしく→

パッケージデザイン工程について

 立体物を平面でデザインしているがゆえのジレンマを解消する

詳しくはこちらパッケージの完成系は立体物なのに実際のデザイン作業は2次元の展開図面で行っているのがパッケージデザイン現場の現状です。デザインの仕上がり具合を確認するためには、デザインを印刷し、それをサンプルカット・組み上げを行う作業が必要で、非常に手間と時間が掛かります。経験のあるデザイナであればある程度頭の中で組み上がりがイメージでき、見当もある程度予測が付きますが、あまり経験のないデザイナではそうもいきません。

このジレンマを解消するには3-dXが有効です。illustrator上で平面図のデザインを行っているその画面上で、パッケージの組み上がりイメージがリアルタイムに描画されるので、組み上がりイメージを常に確認しながらデザインが行え、見当なども画面上で確認することが可能です。

デザイナがデザインに集中できるような環境を提供します。

3-dXによる3Dビュー
3-dXによる3Dビュー

平面デザインと共に組み上がりプレビューが常に表示され、常に完成系を見ながらデザインを行うことができます。

Artios CADのデータを下地に利用するので、寸法の狂いが一切ありません。見当の自動割付機能など、デザイナをアシストする機能も充実しています。

3-dXをさらにくわしく→


パッケージ表面加工シミュレーション

 表面効果までもモニタ上で表現する究極のデジタルモックアップ

詳しくはこちら初めに手に取った商品を購入する確率が高いという統計があるように、いかに客に手にとってもらえるかがパッケージデザインにおける最も重要な課題となっています。

お客様にインパクトを与える手段として近年増えているのが、スポットニスや箔押し、エンボスなどに代表されるパッケージへの表面加工です。

しかし表面加工を行いたい、提案したくてもサンプル作成時のコストや日数を考えると、サンプル作成は不可能、もしくは数に限りがある状態になり、十分な提案が出来ない、といったことがあると思います。

VisualizerがPCでの表面加工を実物に極めて近い再現度で実現するソフトです。デザインデータさえあれば自由な加工シミュレーションが行え、難しかった複数パターンの提示や、クライアントとの仕上がりイメージのブレ防止など、他社ではまねできない提案力強化を行うことができます。

箔押しのシミュレーション
パッケージ状態での表面加工シミュレーション

エンボスや箔押しなどの表面効果の他に紙質を変えた場合のシミュレーションなども可能です。

Artios CADのデータを読み込むことでパッケージ形状に組み上げた上でのシミュレーションも可能です。

Visualizerをさらにくわしく→


CTPソリューション 製版処理について

 ネイティブデータワークフローの
    第1段階:入稿デザインの製版処理

詳しくはこちらパッケージのデザインデータにはカンパニーカラーのための特色が非常に多く使用されています。またパッケージ用の紙は厚みがあるため、版のズレを想定したトラップ(かぶせ)処理を行うのも特徴の1つです。

この特色の処理及びトラッピング作業をいかにスムーズに行えるかでCTPの稼働率が決まるとも言えます。

手動では1つのデータを処理するのにも何時間もかかるこれらの処理をPackEdgeやDeskpackならば一瞬でかつ自動で行うことができます。トラップの際のルールは設定として保存しておくことができ、だれが行っても同様のクォリティを実現でき、手動で起こりえる人為的な作業ミスも同時に減らすことができます。

製版処理されたデータは、独自技術により製版済みであっても非常に軽いデータとして保存されるため、このあとの工程をストレスなく進めることが出来るようになります。

PackEdge 製版作業
PackEdge 製版作業 トラッピング処理

PackEdgeではアウトラインビューとオーバープリントプレビューを同時に見ることが可能。作業効率がアップします。

使用インク・カラーもリスト化され、どこにどのインクが使用されているかが人目で分かります。

PackEdge 製版作業 トラッピング Deskpack 製版作業 トラッピング

トラップはルールと掛ける範囲を選択するだけの簡単操作。ルールさえ作ってしまえば誰でも高品質な処理を行うことができます。

DeskpackでもPackEdgeと同様のトラップエンジンを搭載しています。illustratorで全てが完結するので新しいソフトを覚える必要もありません。

CTP Solution PackEdge をさらにくわしく→


CTPソリューション デジタル殖版について

 ネイティブデータワークフローの
    第2段階:製版処理されたデータをデジタル殖版

詳しくはこちらパッケージの面付けと商業印刷の面付けで大きく異なるのは、形状の複雑さ故のレイアウトパターンの多さにあります。そのためにデザイン間での複雑な重なり部分の処理に時間が掛かったり、データサイズの肥大化による作業効率の極端な低下が起こります。処理オーバーで中間PSデータ作成に時間が掛かったり、データ作成に失敗するのもこのタイミングです。

PLATOではPackEdgeで作成された軽いネイティブデータと面付けCADファイルを使用することにより、軽快な処理を実現しています。プレートに必要な丁番や各種ストリップ、ゴースト防止ベタ、トンボなどもPLATOで簡単に配置することができます。

PLATOで生成されたファイルも非常に軽く、その後のRIP処理の時間を短縮します。

殖版 Platoによるデジタル殖版
殖版 Platoによるデジタル殖版

PLATOでプレートサイズを定義しCADファイルのインポート。これだけでレイアウトの下地が完成します。

単面図に対して製版データを配置。単面に必要な丁番などを配置します。

殖版 Platoによるデジタル殖版 殖版 Platoによるデジタル殖版 アクセサリ追加

単面配置が完了すると自動的に同じ図面にデザインが配置されます。複雑な重なりに対するマスク処理も自動で行います。

最後に必要なアクセサリを配置してプレートレイアウトは完成です。ここまでの作業を数分で行うことができます。

CTP Solution Plato をさらにくわしく→

CTPソリューション RIP処理について


 ネイティブデータワークフローの
   第3段階:ネイティブフローならではの圧倒的な処理速度を実現

PALTOで作成されたネイティブデータをFlexRIPにてRIP処理。ネイティブデータワークフローならではの圧倒的な処理速度を実現しています。一般的なPSRIPでは数十分は掛かるようなデータであってもFlexRIPならばわずか数分で処理が完了します。

スクリーニングの種類もAM、FM、AMFM混在型など、オプションにより様々な形式・形状に対応します。

このワークフローがフルに活用すれば、データ入稿からRIP完了までの時間をわずか数十分で行うことも可能になり、CTPをフル稼働させるためのフロントシステムを構築することができます。


CTPソリューション CTP工程の自動製版処理について

 上記のフローを自動化させる完全自動化システム

PackEdge、PLATO、FlexRIPによる製版、殖版、RIP処理はBackstageによって完全オートで自動処理化させることができます。

全ての処理をルールとして登録させておき、ホットフォルダに必要なデータを送るだけで自動で製版からRIPまでを行ってくれます。ルールさえ設定していれば、パッケージプリプレスの60%以上の処理が自動化させることができます。

段階ごとにチェック機能を設け、オペレータ自身で任意の確認作業を行うこともできます。


CTPソリューション CTP工程で生成ファイルの一元管理ソフトについて

 製造に使用した全てのデータを1元管理

詳しくはこちら印刷紙器の製造工程は多岐にわたるため、それぞれの工程で様々がデータが作成され、運用されています。場合によっては1つのデータでも修正・変更されたバージョン違いのものが保存されているときもあると思います。

しかしこれらのデータがきちんと管理されていないと、リピートが発生したときに、どこにデータがあるか分からない、どれがクライアントからOKが出た最終データなのかがわからない、作成した者に聞こうとしても誰が最終データを作ったのかがわからない、といったとこが発生し、もし間違ったデータを使用した場合、大きな問題になりかねません。

こういった問題をPiCSYSでは解決します。案件ごとに作成されたファイルの情報やバージョン管理などを1元で管理し、データ創作の時間ロスや使用データの間違いなどを完全に防止することができます。

PiCSYSによるデータ管理
PiCSYSによるデータ管理

PiCSYSによるデータ管理画面。案件ごとに使用されているデータを分かりやすく1元管理します。デザイン、CAD、面付けデータなどをまとめてバージョン管理します。

PiCSYSには図面プレビュー機能が搭載されており、グラフィックファイルだけでなくCAD単面図や面付け図なども寸法線と共にプレビューすることができます。わざわざファイルを開く必要はありません。

PiCSYS をさらにくわしく→

NSK