Home > 業界別デジタルフロー > ラベル・シール業界ソリューション

solition

ラベル・シール業界向けソリューション

ラベル・シール業界の生産工程詳細は以下をクリックしてください。


ラベル・シール業界向け 設計工程について

 最もシンプルかつ合理的な手段でグラフィックと構造設計を融合

詳しくはこちらArtios CADはデザインソフトでは苦手とされる線描画をものの見事に快適化します。

Artios CADの作図操作は簡単に習得でき、Artios CADでデザイン用の塗り足し1パスデータは一瞬で作成できます。また、Artios CADにはAdobe(R) Illustrator(R)用のプラグインソフト(フリーソフト)がありますので、Illustrator(R)上でArtios CADデータをそのまま読み込み、編集してそのまま書き出しできる、といった業界でも唯一のネイティブデータ互換を実現しています。

これは構造デザインとグラフィックデザインを融合させるための最もシンプルかつ合理的な手段です。

Artios CAD Artios CADからの書き出し

Artios CADとIllustrator間ではArtios CADのネイティブデータをそのまま使用できます。わざわざEPS、DXFなどにデータを編集する必要はありません。塗り足しも1ボタンで作成できます。

Artios CADで作成された塗り足しは1本のクローズパスになっています。塗りを入れたりマスクを掛けたりするのに非常に便利です。

Artios CADをさらにくわしく→


ラベル・シール業界向け 企画・プレゼンテーション・シミュレーションについて

  品に貼り付けた状態に加え、さらに表面加工シミュレーションまで

Artios CADではデザインされたラベルやシールをボトル等製品に貼り付けた状態までシミュレーションすることが可能です。

それらのデータを用いて、店頭陳列イメージを作成したりする事ができます。デザインソフトだけではなし得ない圧倒的な作業性でデザインイメージをリアルに共有できます。 また、Visualizerでは、ラベル表面に施される箔押し、エンボス、ニスコーティング等の表面加工シミュレーションをAdobe(R) Illustrator(R)のデータを用いて驚くほど簡単に実現します。

デザインをより快適に、提案をよりリアルに、Artios CADやVisualizerがサポートします。

Artios CAD 陳列シミュレーション 箔やエンボス、資材ごとでの表面効果を再現

ビンなどの形状もArtios CADで作成することが可能。陳列時のデザインインパクトを設計の段階から検証することができます。

Artios CADプレゼン機能をさらにくわしく→

Visualizerによる表面加工シミュレーション。箔やエンボス、資材ごとでの表面効果をPC上でリ本物に限りなく近い質感でシミュレーションします。

Visualizerをさらにくわしく→



ラベル・シール業界向け カッティングマシンについて

 抜木型不要・無人・高速・自動見当合わせ・自動給排紙の究極フロー

詳しくはこちら構造デザインを実際のサンプルとして瞬時に仕上げます。無地サンプル〜校正サンプルにも対応し、板紙・段ボール・フィルム・シールやサインボードに至るまで、1台で様々な資材をカッティングする事ができます。

ラベル・シールのハーフカットも簡単に行えますので、自由自在にサンプル製作が行えます。 また、『NSKユーザーズクラブ』では、様々なPOPディスプレイ等をダウンロードできるサービスを実施しており、店頭でのマーケティングをより身近に行って頂けます。

近年進化し続けるデジタルプリントを「抜木型不要」「無人」「高速」「自動見当合わせ」「自動給排紙」で最終製品に仕上げる画期的なワークフローを実現しました。

Kongsberg i-XL、Kongsberg i-XEシリーズはラベル・シール印刷のデジタル化に合わせて開発されたマシンで、オペレータを常駐させずに自動生産できる画期的なワークフローシステムです。 業界で唯一、Adobe(R) Illustrator(R)のネイティブプラグインを持つArtios CADを利用して多面付けを行い、Illustrator(R)からKongsberg i-XL、i-XE用のトンボと共にプリント出力された印刷物を連続で高速カッティングしていきます。

ただ単に「カットする」だけではなく、デザインも含めた全体的なワークフローを合理的かつシンプルに構築する事で最小の資本と人で経済効果に結びつけるしくみへとつながります。

マルチカッティングマシン マルチカッティングマシン

Kongsberg XL/XEシリーズ 。1台で様々な資材に対応し、サンプル・小ロットなど多彩な用途に使用できます。XEシリーズは省スペース・高速型、XLシリーズはよりマルチな資材対応とワイドフォーマット型になります。

XEには自動給排紙システムも搭載可能。ロール資材をセットしてのエンドレスカットも行えます。

Kongsberg シリーズをさらにくわしく→


ラベル・シール業界向け 抜型生産効率化・内製化について

 inplant 木型製作のトータルソリューション。効率・コスト・時間で差をつける

詳しくはこちらArtios CADの大幅な進化により、設計リードタイムの削減や図面の完成度の向上により、容易に抜木型設計を行うことが出来るようになりました。
抜木型を内製することによって得られるメリットはコスト削減だけでなく、以下のようなメリットがあります。

  • 刃替えが生じたときのリードタイムの短縮。
  • 刃替え待ちなどによるスケジュールの圧迫を無くす
  • 木型・製版の内製化により、外注時に起こりえた情報漏洩の防止。(Pマーク所得に効果)
  • 抜木型のノウハウ、抜きのノウハウの構築工夫が生まれる。またそのノウハウが外部に出るのを防ぐ。

当然メリットだけでなく、すべての製造が自社責任になる、最新技術などへの自発的な研究などの自社負担となる部分もあります。しかしそれを補って多くのメリットを生み出すことが可能なのがNSKの内製化(INPLANT)ソリューションです。

初めて内製を行うという会社様にはトレーニングとして、大阪の抜型トレーニングセンターで2週間の講習を実施し、翌日から1日1型の作成を行っています。 3週間目には、1日2型に増え2ヵ月後には、3型と徐々に量をこなすことが可能になります。

木型作成 面板加工 木型内製

CREAS LINEシリーズによる面板の作成現場。ノウハウのデジタル化により、誰でも高品質な面板の作成が可能になります。

DIE WAVEとFLATBEAMによる抜木型内製現場。経験のない方でもトレーニング終了後には木型の作成が可能になります。

Inplant Productionをさらにくわしく→


CTPソリューション

CTP 通常とは違うプラスアルファの高付加価値をつけたCTPワークフロー

詳しくはこちらいまやオフセット印刷におけるCTP化は当然となり、もはやCTP化を行ったからといっても、それが会社の提案力強化・会社の価値を大きく向上させる要因とはなりにくくなってしまいました。これからCTP化を行うに当たって必要なのは、他社にはない(出来ない)付加価値をCTPに付けることです。

NSKが提供する印刷紙器における付加価値は「印刷のみで実現するセキュリティ」と「高精細印刷」。大きな手間・コストをかけることなく、印刷品質の向上やセキュリティ処理を施します。

PackEdge 高速殖版処理 マイクロフォント セキュパック

PackEdge
不要パスの削除、インク整理、トラッピングなど製版に必要な処理を短時間に行います。

マイクロフォント
PackEdgeセキュリティモジュールの1つで、illustratorで扱える最小フォントサイズよりも小さい極小フォントをデザイン内に施すことが出来ます。

Artios CAD 面付け Plato 高速殖版処理

Artiosでの面付け
シートサイズを指定し、面付けタイプを選ぶだけで一瞬で面子怪我出来上がります。

Plato
PackEdgeの製版データと面付けファイルを使っての殖版作業。ネイティブファイルワークフローにより、軽快な作業性を実現。製版から面付けまでをわずか数分でこなすことが可能になります。

CTP Solutionをさらにくわしく→


ラベル・シール業界向け 工程管理ソフトウェア

 製造に使用した全てのデータを1元管理

詳しくはこちら印刷紙器の製造工程は多岐にわたるため、それぞれの工程で様々がデータが作成され、運用されています。場合によっては1つのデータでも修正・変更されたバージョン違いのものが保存されているときもあると思います。

しかしこれらのデータがきちんと管理されていないと、リピートが発生したときに、どこにデータがあるか分からない、どれがクライアントからOKが出た最終データなのかがわからない、作成した者に聞こうとしても誰が最終データを作ったのかがわからない、といったとこが発生し、もし間違ったデータを使用した場合、大きな問題になりかねません。

こういった問題をPiCSYSでは解決します。案件ごとに作成されたファイルの情報やバージョン管理などを1元で管理し、データ創作の時間ロスや使用データの間違いなどを完全に防止することができます。

PiCSYS データ管理ソフト PiCSYS データ管理ソフト

PiCSYSによるデータ管理画面。案件ごとに使用されているデータを分かりやすく1元管理します。デザイン、CAD、面付けデータなどをまとめてバージョン管理します。

PiCSYSには図面プレビュー機能が搭載されており、グラフィックファイルだけでなくCAD単面図や面付け図なども寸法線と共にプレビューすることができます。わざわざファイルを開く必要はありません。

PiCSYSをさらにくわしく→




NSK