Home > 業界別デジタルフロー > 印刷紙器(パッケージ)業界

solition

印刷紙器業界(パッケージ)向けソリューション

印刷紙器業界向け制作工程の詳細は以下をクリックしてください。

全体工程フロー図、ユーザ事例はこちら→


パッケージ設計について

 設計デザインからCTP・抜木型ワークフローへのリンク

印刷紙器における構造設計は、単なる単面図設計だけでなく、その後の工程である面付け、その面付けデータが利用されるCTPでのデジタル殖版や、面板・抜木型作成など、まさにCADが設計のみを行う道具だった時代は終わり、製造工程全般に影響を与える中心的役割を持つようになりました。

Artios CADの優位性は、作図にとどまらず、その後の工程へ渡すデータを短時間で作成するための機能が用意されています。

面付けレイアウトの作成・・

詳しくはこちら作成した単面図に対してマウス操作だけで面付けが行えます。

入れ子の種類や溝幅の設定などが自由に行え、専門的な知識は必要ありません。社内の面付けルール・クォリティを統一するのにも役立ちます。この面付けデータがその後の CTP ・木型作成やサンプル作成・小ロット生産へと、ネイティブデータのまま使用されます。

Artios CADによる単面図作成
Artios CAD面付け

CAD上で塗り足し(ブリード)を描く事で面付け時にグラフィック(DTP) データの自動流し込みが可能になる。

最適な取り都合(面付け)が作成され罫線トンボやコーナートンボが自動作成される

Artios CAD面付け機能をさらにくわしく→


面板・木型データの作成・・

詳しくはこちら上記で作成した面付けデータに 1 手間加えるだけで、面板データも簡単に作成できます。

これまで職人が行っていたノウハウの数値化に成功し、一瞬でクォリティの高いデータが完成します。このデータがその後の面板作成に使用されます。

Artios CAD木型作成
Artios CAD面板作成

抜木型データの作成。落丁(ストリッピング)までも簡単に作成できます。

打抜き用の面板データを自動作成。 各パラメータを入力するだけで職人レベルの面板を作成します。

Artios CAD面板・木型作成機能をさらにくわしく→


パッケージデザインについて

3-dX  立体を平面でデザインするジレンマを解消し作業効率UP

詳しくはこちらパッケージは立体物なのにデザイン作業は2次元の展開図面で行っているパッケージデザインの現場。

デザインの仕上がりを確認するには、デザインを印刷し、サンプルカットし、組み上げてサンプルを確認。と非常に手間と時間かけて作らなければなりません。

Illustrator上で展開図のデザインを行いながら、パッケージの立体イメージがリアルタイムにプレビューされるのが3-dXです。組み上がりイメージを常に確認しながらデザインが行え、見当なども画面上で確認できます。

経験のあるデザイナであればある程度頭の中で組み上がりをイメージしなから作業ができますが、それには経験が必要です。初めてパッケージデザインに挑戦しても立体と展開に戸惑うことなくスムーズにデザインに集中できる環境を提供します。

イラレ内で3Dをビューイング
イラレ内で3Dをビューイング

平面デザインと共に組み上がりプレビューが常に表示され、常に完成系を見ながらデザインを行うことができます。

Artios CADのデータを下地に利用するので、寸法の狂いが一切ありません。見当の自動割付機能など、デザイナをアシストする機能も充実しています。

3-dXをさらにくわしく→


パッケージ制作におけるカッティングについて

Kongsberg クオリティ・スピード重視のサンプル制作・小ロット生産

詳しくはこちら営業提案時のサンプル作成においてはクォリティ・スピードが重要になります。

Kongsbergシリーズはツールの自動認識やカメラによる校正カットの自動位置合せなど、誰でも素早く簡単に高クォリティのサンプルが作成可能です。またサンプル作成だけでなく、スポットニス用のニス版をArtiosで作成し、ニス版用ブランケットをKongsで作成するなどの用途にも使用できます。

抜木型を作成できないほどの小ロット案件に対しては、自動給排紙機能を持った Kongsberg シリーズを使用します。給紙・排紙の自動化や、資材のセット歪みの自動補正、 1 カット終了毎に行われる刃物チェックなど、人が機械の前に常駐する必要のない環境を構築することにより、作業人員を可能な限り減らしたフローを構築できます。

Artiosでのニス版作成
Kongsbergでのニス版(ブランケットカット)

面板、木型データと同様にスポットニス版用データもArtiosから簡単に作成が可能です。

Kongsbergによるニス版(ブランケット)カット。サンプルカット以外にも、ツールを交換すればこのような資材カットも容易に可能です。

Kongsbergをさらにくわしく→


パッケージ生産における抜型生産効率化・内製化

 inplant 木型製作のトータルソリューション。効率・コスト・時間で差をつける

詳しくはこちらArtios CADの大幅な進化により、設計リードタイムの削減や図面の完成度の向上により、容易に抜木型設計を行うことが出来るようになりました。
抜木型を内製することによって得られるメリットはコスト削減だけでなく、以下のようなメリットがあります。

  • 刃替えが生じたときのリードタイムの短縮。
  • 刃替え待ちなどによるスケジュールの圧迫を無くす
  • 木型・製版の内製化により、外注時に起こりえた情報漏洩の防止。(Pマーク所得に効果)
  • 抜木型のノウハウ、抜きのノウハウの構築工夫が生まれる。またそのノウハウが外部に出るのを防ぐ。

当然メリットだけでなく、すべての製造が自社責任になる、最新技術などへの自発的な研究などの自社負担となる部分もあります。しかしそれを補って多くのメリットを生み出すことが可能なのがNSKの内製化(INPLANT)ソリューションです。

初めて内製を行うという会社様にはトレーニングとして、大阪の抜型トレーニングセンターで2週間の講習を実施し、翌日から1日1型の作成を行っています。 3週間目には、1日2型に増え2ヵ月後には、3型と徐々に量をこなすことが可能になります。

CREASE LINEによる面板作成
Inplant による木型の内製

CREASE LINEシリーズによる面板の作成現場。ノウハウのデジタル化により、誰でも高品質な面板の作成が可能になります。

DIE WAVEとFLATBEAMによる抜木型内製現場。経験のない方でもトレーニング終了後には木型の作成が可能になります。

Inplant Productionをさらにくわしく→


パッケージ生産に特化したCTP(computer to plate)ソリューションについて

CTP 通常とは違うプラスアルファの高付加価値をつけたCTPワークフロー

いまやオフセット印刷におけるCTP化は当然となり、もはやCTP化を行ったからといっても、それが会社の提案力強化・会社の価値を大きく向上させる要因とはなりにくくなってしまいました。

これからCTP化を行うに当たって必要なのは、他社にはない(出来ない)付加価値をCTPに付けることです。

NSKが提供する印刷紙器における付加価値は「印刷のみで実現するセキュリティ」と「高精細印刷」。大きな手間・コストをかけることなく、印刷品質の向上やセキュリティ処理を施します。

偽造防止への仕掛け セキュパック・・

詳しくはこちらセキュパックとは、製版用ソフトPackEdgeにオプションで導入されるセキュリティモジュールです。

データの模倣を限りなく困難にし、偽造を思い止まらせる、もしくはすぐに偽造を見分けられるような仕掛けを通常の印刷のみで施します。代表的なものとして以下のようなモジュールがあります。

マイクロフォントの埋め込み
ラインエンボスの作成

マイクロフォント
illustratorで扱える最小フォントサイズよりも小さい極小フォントをデザイン内に施すことが出来ます。

ラインエンボス
画像もしくはパスを下地にし、その模様をライン線のみで表現させることができます。

CTP Solution をさらにくわしく→


パッケージ生産 工程管理ソフトウェアについて

CTP  製造に使用した全てのデータを1元管理

詳しくはこちら印刷紙器の製造工程は多岐にわたるため、それぞれの工程で様々がデータが作成され、運用されています。場合によっては1つのデータでも修正・変更されたバージョン違いのものが保存されているときもあると思います。

しかしこれらのデータがきちんと管理されていないと、リピートが発生したときに、どこにデータがあるか分からない、どれがクライアントからOKが出た最終データなのかがわからない、作成した者に聞こうとしても誰が最終データを作ったのかがわからない、といったとこが発生し、もし間違ったデータを使用した場合、大きな問題になりかねません。

こういった問題をPiCSYSでは解決します。案件ごとに作成されたファイルの情報やバージョン管理などを1元で管理し、データ創作の時間ロスや使用データの間違いなどを完全に防止することができます。

PiCSYSによるデータ管理
PiCSYSによるデータ管理

PiCSYSによるデータ管理画面。案件ごとに使用されているデータを分かりやすく1元管理します。デザイン、CAD、面付けデータなどをまとめてバージョン管理します。

PiCSYSには図面プレビュー機能が搭載されており、グラフィックファイルだけでなくCAD単面図や面付け図なども寸法線と共にプレビューすることができます。わざわざファイルを開く必要はありません。

PiCSYSをさらにくわしく→

NSK