FOTOBA XLD 170
高速フィニッシングカッター

Home > 製品情報 > FOTOBA XLD170

1台でロール・シート、両タイプの印刷物カットを行う
ハイブリットトリムカッター

FOTOBA XLD170は、FOTOBAシリーズの中でも最もフレキシブルな資材対応能力を持ったフィニッシングマシンです。ロール資材の大判カット加工を得意とするXLシリーズと、シート資材のカット加工機能を1つのマシンに搭載。1台でロール、シート両方の資材をカットできるハイブリッドマシンとしてXLD170は誕生しました。

FOTOBA CUTマークによる歪み補正カット機能や重量ロールセットへの対応、手差しによる簡単な枚葉裁断、最大1.0mm厚の資材をカットできるパワフルなカット機構など、両シリーズの長所をふんだんに取り込んだハイブリッド型トリムカッターマシンです。

XLシリーズとシート資材加工の機能を取り入れ
あらゆる印刷物のトリムカット行程を自動化

XLD170はロール資材のカットとシート資材のカットを、それぞれロールモード/シートモードと切り替えて使用します。

モード変更は1ボタンで行えます。 消耗品は使用せず、自動研磨式のカット刃、FOTOBAマークを使っての印刷蛇行補正カットなど、各シリーズの特長がXLD170にも盛り込まれています。

半永久的に使用可能な脱着式カット刃

XLシリーズに使用されている自動研磨式のカット刃をXLDにも搭載。最大1.0mmまでの厚みの資材に対しても、シャープな切れ味を発揮します。シングル・ダブル(8mm・可変ピッチ)のラインナップがあります。

約80kgまでのロール資材をセット

ロールモードでは、最大18m/分の速さでトリムカットが可能です。FOTOBAマークによる自動補正機能により、印刷が蛇行していても高精度なカットが行えます。

ゆがみを気にせずセットが可能な枚葉カット

シートモードでは、±2.5°の間で歪みを補正することができます。資材に対して斜めに印刷されてしまっているようなものでも、おおまかに手差しすれば歪みを自動補正してくれるので、資材のセット、カット加工がストレスなく簡単に行えます。

FOTOBAマークによる両モードでの自動補正カッティング

各モードに対応したFOTOBAマークを運用することで、ロール/シートどちらのモードでもトリムカット時の歪みを自動補正することができます。

ロールモードでのトリムカット

ロールモードでは、印刷の際に生じたトラッキング誤差や印刷のゆがみをFOTOBAマークを使って補正しながら、縦横を同時にトリムカットしていきます。 印刷が資材に対して直角ではない時やロールが正しく巻かれていない時でも、蛇行を補正しながら正確な仕上がりを実現します。

シートモードでのトリムカット

シートモードでは、FOTOBAマークを読み取り、横1方向に対してトリムカットを行ないます。
様々なサイズが印刷されたグラフィックでも、横軸がそろっていれば一度に通すことができます。横軸カット後、資材を90度回転し、残りの2辺をカットして仕上げる仕様になります。

特長

  • ボタン1つでロールモード、シートモードのワンタッチ切り替え
  • 完全自動でのトリムを実現(XY方向の自動トラッキング補正)
  • 縦カット刃は、シングル、8mmダブル、可変式ダブルの3種類をラインナップ
  • カット刃の自己研磨刃システム 
  • 最大18m/分の加工速度
  • 精密度±1mm

カット対応資材

最大1.0mm厚までの様々な資材をカットすることができます。

ポリカーボネート/ラミネート加工資材/密封加工された資材/フォトペーパー/PP/ステッカー/ポリ塩化ビニル/インクジェット・プロッター用資材/グラフィックアートフィルム/Duratransなど、その他多数

※ カットする材質によっては、加工できる最大厚が変化する可能性があります。

機械スペック


型番 XLD170
対応最小シートサイズ 280 mm
対応最大シートサイズ 1700 mm
セット資材最大重 70~80kg
セット資材最大厚 1.0mm
機械本体重量 250kg
機械本体サイズ 2810×870×1100mm

 

他のソリューションとも連携が容易なFOTOBA

FOTOBAは前工程や後工程のソリューションと上手く連携させることで効率良く・人手をかけずに高速のオンデマンド生産が行える体制を作れる。 御社のスマートファクトリー化を後押しします。

どのようなソリューションと連携が可能か是非こちらからご覧ください。

サイン業界のNSKソリューションの紹介はこちら