CREASE LINE 8ATC - インテリジェンス面板作成機

Home > 製品情報 > CREASE LINE 8ATC

オートツールチェンジャー付きインテリジェンス面板作成システム

0.01mm単位の繊細な調整が求められる面板加工に大きなアドバンテージを持つNS-CREASE LINE 8ATC。 加工の正確性は元より「精度検査装置」としての測定カメラ機能が追加。これにより、加工後の測定結果をお客様に 提出することができ、顧客からの新たな信頼を勝ち取ることも可能です。

CREASE LINE 10ATC

オートツールチェンジャー機能を搭載した面板作成システムであり、8本のツールを搭載。ツールを用途に合わせて 自動で持ち変えて面板加工を行います。

ツール交換は全て自動で行われるため、ツール交換の手間が全く必要なく、 作業時間・効率をアップします。また抜木型の刃をカメラで計測し、抜木型が仕様通りの精度を出しているかを測定する検査機能も搭載。

1台で面板加工と抜木型精度検査をこなすことができるハイエンド加工機です。

 

・ツール交換自動化
・簡単な操作性により誰でも操作可能
・生産コスト・生産時間の短縮化
・Z軸制御における罫線深さの安定化
・駆動方式は全てボールスクリューなので精度と速度を向上
・スチール面板作成(オプション)

エンボス、箔押し用 真鍮型も加工可能。面板以外の加工にも対応

罫線溝の測定の様子

刃幅の測定の様子

ATC自動ツールチェンジャー

ツールを自動にて選択し、ツールの高さを確認。手間のかかるツール交換を自動化します。
・8本ツールソケット
・ツール交換時の手間を最小限に
・操作性の向上

 

各種機能解説

Z軸制御

加工資材上面から測定し、ツールの突き出し量を制御。また、加工資材に応じてZ軸制御を行うため、上面からの深さを一定に加工します。これにより罫線の深さが安定します。

Z軸制御

 

スチール加工

オプションのオイルミスト制御を取り付けることで、スチール面板加工が行えるほか、スチール・アルミ・真鍮などの加工も行えます。

スチール加工

 

駆動部

駆動部にボールスクリューを使用しています。ボールスクリューを回転させるのではなく、ベアリング部を回転させることで安定した動作を確保しています。

駆動部

 

CREASE LINE 8ATC スペック表

モデル CREASE LINE 8ATC
駆動方法 ACサーボモーター・ボールスクリュー
ミーリングサイズ ご相談下さい(特注可能)
反復精度 ±0.01mm
最大積載重量 10kg
使用電源 三相 AC200V ・4.18kw
機械本体サイズ H1580×W1832×D1650
全体重量 650kg
対応フォーマット DXF / HPGL / NC code(G Code) files
使用環境 温度20℃±10℃  湿度50%~70% (結露しない事)

 

NSKでは抜木型生産ソリューションを数多く扱っています

NSKでは職人さんの技能・ノウハウ頼りだった抜木型生産をCAD/CAMのテクノロジーを使って補完を進めています。 各工程のソリューションを連携させることで、精度の高い型・製品を効率良く製造できるようになります。

どのようなソリューションと連携が可能か是非こちらからご覧ください。

抜木型業界のNSKソリューションの紹介はこちら