IntelligentBox - カートンボックスマシン

Home > 製品情報 > IntelligentBox

形状選択と自由なサイズ入力で1点からパッケージを作成する
オンデマンド型カートンボックスマシン

IB-2508は、段ボールパッケージにおけるカット・罫線加工を1パスで行うカートンボックスマシンです。

タッチパネル式の操作用コンソールを搭載し、そこから製造するパッケージの形状とサイズを入力するだけで パッケージを作成することができる簡潔な操作性を実現。家具やe-コマースロジスティクスなど、小ロット・多品 種・短納期への要求が高いマーケットに対して最適なソリューションです。

IntelligentBoxの概要

IntelligentBox

IntelligentBox 主な機能

・リードエッジフィーダーによる安定した資材送り
・横方向へのスロッティングと罫線入れ
・縦方向へのスリッティングと罫線入れ
・抜木型装着による手かけ穴加工
・丸刃によるシート長の調整断裁

 

IntelligentBox

IntelligentBox 標準ハードウェア構成

・横方向カッティングナイフ
・横方向スロッティングナイフ(2ヶ所搭載)
・横方向罫線ツール
・縦方向カッティングナイフ(4ヶ所搭載)
・縦方向罫線ツール(4ヶ所搭載)
・トムソンセットモジュール(1ヶ所搭載)

 

IntelligentBoxの特長

IntelligentBox

シートフィーディング

2mm~8mm厚の段ボールシートを20~最大50枚セット可能。反りに強く安定した給紙を実現するリードエッジフィーダーを搭載。

 

IntelligentBox

横方向スロッティング&罫線

全長500mm、厚さ7mmのスロッティングナイフを2つ搭載。

 

IntelligentBox

縦方向スリッティング&罫線

4つのカッティングナイフにはサーボモーターが搭載され、加工時にはナイフが自転。 シャープでフラットな切断面を長期間維持することができます。
罫線ローラーも4つ搭載。

 

IntelligentBox

横方向カッティング

クロスカットツールにも自転用サーボモーターが搭載されており、シャープな切断面を実現。 シートの不要部分切除用のセパレータを別途用意する必要はありません。

 

タッチパネル式の作図オペレーション

作図の指示にはグラフィカルなタッチパネル方式のインターフェースを採用。 従来のプリスロ機と比較して大幅な作業性の向上を実現。箱の形状選択とサイズの入力だけで、 加工に必要なツールの段取りが自動で完了。段取りも1分ほどで完了するため、 小ロット対応で頻繁に段取り替えが発生するような状況においても、時間ロスの少ない運用が可能です。

IntelligentBox

 

50を超える形状パターンに対応

IntelligentBox

FEFCOの200、300、400番台を中心とした、50種類以上の形状パターンを標準搭載。 抜木型を使った穴あけ加工にも対応。標準搭載以外のオリジナル形状への対応もカスタマイズで対応可能です。

IntelligentBox

IntelligentBox機械スペック

IntelligentBox

 

モデル名 IntelligentBox
段ボールシート種類 シングル / ダブル
シート厚み 2mm~8mm
シート重さ <1200g/㎡
最大シートサイズ 幅2500mm×長さ制限なし
※幅3000mm対応モデルも
最小シートサイズ 幅200mm×長さ650mm
生産能力 約400pcs/h(シートサイズ、箱の形状による)
ギロチン長さ / 厚み 500mm / 7mm
ラインカッター 4箇所
縦方向罫線コマ 4箇所
クロスカッター 1箇所
本体パワーサプライ 380V±10%、Max5.5kW、50/60Hz
給紙ブロアパワーサプライ 380V±10%、Max5.5kW、50/60Hz
気圧 0.6~0.8MPa
機械サイズ 3900mm(W)×1900mm(L)×2030mm(H)
総重量 約3500kg
自動給紙
ダイカット
エアー使用量 75L/min

※上記ハードウェアの仕様は変更する場合があります。
※幅3000mm対応モデルもございます

 

他のソリューションとも連携が容易なIntelligentBox

IntelligentBoxは給紙・排紙にロボットアームとの連携。前工程や後工程のソリューションと上手く連携させることで 効率良く・人手をかけずに高速のオンデマンド生産が行える体制を作れる。御社のスマートファクトリー化を後押しする商品です。

どのようなソリューションと連携が可能か是非こちらからご覧ください。

段ボール業界のNSKソリューションの紹介はこちら