Home > 業界別デジタルフロー > 印刷紙器(パッケージ)業界

solition

段ボール業界向け サンプル・小ロット生産ソリューション

段ボール業界向け 生産工程詳細は以下をクリックしてください。

全体工程フロー図、ユーザ事例はこちら→


段ボール業界向け 設計について

 緩衝材、外装箱設計に3Dデータを活用するしコスト・時間を短縮

詳しくはこちら近年、包装業界において、包装設計時に梱包物の3次元データを活用し、設計に掛かる時間を短縮する新しい設計手法が定着し始めています。

今まではメーカーなどのプロダクトメーカーが、情報流出などを危惧して包装設計業界に3Dデータを提供しないケースが多かったのですが、最近になり包装設計におけるコストや製造リードタイムの削減のための手段の1つとして、3Dデータ利用の有効性が認知されてきたためです。

すでに大手企業との仕事をこなすパッケージメーカでは積極的に導入が始まっており、現物が無い状態でも正確な採寸、設計作業が出来るようになった、大手企業の仕事を増やすことができたなどの声も多く聞かれます。

このような流れが起きたのも、Artios CADが3次元データを読み込み、それを使った新しい設計方法を行えるようになったことが大きく影響しています。Artios CADが実現する新次元の包装設計が、企画・提案力の強化に必ず役立ちます。

3Dを使った外装箱設計
3Dを使った緩衝材

内容物のデータを使った外装箱設計。内容物の最大外形を取得し、それにきっちり収まるサイズの箱を定型で作成することができます。収まり具合のシミュレーションもCAD内で行えます。

サイズが大きく、重量のある内容物では現物があっても採寸が大変ですが3Dデータであれば物理的な制約を気にすることなく設計作業に集中できます。

Artios CAD 3D機能 をさらにくわしく→


段ボール業界 オンデマンド印刷について

durst  小ロット生産で活用する版レスの印刷ソリューション

詳しくはこちら段ボールへの美粧印刷が増えてきていますが、版を作ることが出来ない小ロット案件や、毎回バーコードなどが細かく変化するような印刷物に対しては大判対応のオンデマンド印刷機を使用します。

インクを使用するDurstシリーズならば、白のインクが使用できるので、茶段にも美粧印刷を行うことができます。段ボール専門の自動給排紙機能を搭載した小ロット自動生産対応モデルもあります。

単なる段ボール製造だけでなく、 総合企画やPOPディスプレイ分野への事業展開も視野に入れることができるソリューションです。

Durst UVインクジェットプリンタ
Durst UVインクジェットプリンタ

durst Rhopac 自動給排紙付きUVインクジェットプリンタ。版レスでのオンデマンド印刷環境を実現します。

段ボール製造だけでなく、総合企画やPOPディスプレイへの事業展開を視野に入れている会社に最適なソリューションです。

Durst をさらにくわしく→


デジタルカッティング

Kongsberg  版レス・型レスを実現する小ロット生産デジタルフロー

詳しくはこちら印刷だけでなくカッティングシステムにもKongsbergDCMを初めとする自動給排紙機構をもつカッティングシステムがあります。これら2つのソリューションを組み合わせることより、版レス・型レスを実現した小ロット生産におけるフルデジタルワークフローが構築できます。

すでにこのソリューションを導入し、小ロット段ボール箱生産やPOPディスプレイ作成で実績をあげています。

KongsbergDCM 自動給排紙機能付き
KongsbergとDurstによるデジタル生産ライン

KongsbergDCM 自動給排紙機能搭載のデジタルカッティングマシン。

KongsbergとDurstの組み合わせにより、オンデマンド生産のフルデジタル化が実現します。

Kongsberg をさらにくわしく→

抜型生産効率化・内製化

 inplant 木型製作のトータルソリューション。効率・コスト・時間で差をつける

詳しくはこちらArtios CADの大幅な進化により、設計リードタイムの削減や図面の完成度の向上により、容易に抜木型設計を行うことが出来るようになりました。
抜木型を内製することによって得られるメリットはコスト削減だけでなく、以下のようなメリットがあります。

  • 刃替えが生じたときのリードタイムの短縮。
  • 刃替え待ちなどによるスケジュールの圧迫を無くす
  • 木型・製版の内製化により、外注時に起こりえた情報漏洩の防止。(Pマーク所得に効果)
  • 抜木型のノウハウ、抜きのノウハウの構築工夫が生まれる。またそのノウハウが外部に出るのを防ぐ。

当然メリットだけでなく、すべての製造が自社責任になる、最新技術などへの自発的な研究などの自社負担となる部分もあります。しかしそれを補って多くのメリットを生み出すことが可能なのがNSKの内製化(INPLANT)ソリューションです。

初めて内製を行うという会社様にはトレーニングとして、大阪の抜型トレーニングセンターで2週間の講習を実施し、翌日から1日1型の作成を行っています。 3週間目には、1日2型に増え2ヵ月後には、3型と徐々に量をこなすことが可能になります。

CREAS LINEによる面板作成
Inplantによる木型の内製

CREASE LINEシリーズによる面板の作成現場。ノウハウのデジタル化により、誰でも高品質な面板の作成が可能になります。

DIE WAVEとFLATBEAMによる抜木型内製現場。経験のない方でもトレーニング終了後には木型の作成が可能になります。

Inplant Productionをさらにくわしく→

段ボール業界向け 積載シミュレーションソフト

 Cape Pack  製品配送時の積載をシミュレーション

詳しくはこちらCAPEPACKは、最も効率的な積載方法を算出し、運送コストの削減を実現するソフトウェアです。

内装箱から最適な外装箱のサイズを算出することや、商品のパレットへの積載、そしてコンテナへの積載までを混載など様々な条件設定のもとシミュレーションが行えます。 また、シミュレーション結果からの運送計画作成や、パッケージ提案にも広くご利用頂けます。

内装箱から最適な外装箱のサイズを算出することや、商品のパレットへの積載、そしてコンテナへの積載までを高さ制限や重量制限等条件設定のもとシミュレーションが行えます。

個装箱のサイズを指定しての積載シミュレーション
コンテナへの積載シミュレーション

個装箱のサイズを指定しての積載シミュレーション。

コンテナへの積載シミュレーション。

Cape Pack をさらにくわしく→


段ボール業界向け 工程管理ソフト

 シートメーカー 情報のデジタル化によるデータの1元管理を実現

詳しくはこちら現在の段ボール業界は、お客様のニーズにお応えするため、商品管理を行う際には一品一様の管理となることが非常に多い状況です。

コストは資材にかかる比重が高く、落ちによるロスを少なくし、資材の仕入を低コストに抑えることが経営の課題となっており、生産は大きなロットでの発注が減り、短納期化しています。

このように少ロット・極少ロット生産、多品種・短納期が求められるという、大きな変化の時代を迎えた段ボール業界において、紙媒体での情報管理方法を用いた業務では顧客のニーズに対して素早く対応しきれない状況になりつつあります。

SheetMakerは情報のデジタル化と一元管理による、これらの問題を解決するソリューションです。

SheetMakerによるデータの1元管理
SheetMakerによる仕様書の管理

受注情報・生産情報とそれに関連したデータを一元管理する事で、案件分析、見積、生産計画、配車、出荷、リピートオーダに活用する事ができます。紙媒体での資料でバラバラに管理されていた仕様書・生産管理・販売管理情報を、最適な技術を使いSheetMakerに取り込んで業務の効率化に結び付けます。

SheetMakerに定型機能が組み込まれているのでCADの知識がなくても縦・横・高さの寸法を入力するだけで簡単に図面作成ができます。また、製品の出来上がりをデジカメやスキャナーから取り込んで、完成イメージ図を指示書に表示する事で現場での更なる品質向上を可能とします。

SheetMakerをさらにくわしく→


NSK