Home > 製品情報 > Re-board[リボード]

Re-board

Re-board[リボード]

リボードは取り扱いが非常に容易な素材です。
実際の制作例をNSK ソリューションと併せてご紹介します。

1.表面加工

Re-board[リボード]は、表面が白いライナーで覆われているため直接 印刷することができます。

 1)UVインクジェット印刷機でのダイレクト印刷(5分)
 2)オフセット印刷による合紙(貼合ラミネート)
 3)フレキソ印刷(8mmまでダイレクト)
 4)シルク印刷(大型機のみ可能)

2.カット加工

 1)Kongsberg XLマシーンでの生産
 2)Kongsberg XPマシーンでの生産
 3)Kongsberg DCMでの生産
 5)抜木型によるプレス半自動機(Vカット不可)

3.側面加工

 1)リボード用エッヂバンドマーシーンでの加工
 2)手加工によるエッヂバンド貼り付け作業

4.組立て作業

 1)手作業による組み立て(現地)

1.ArtiosCAD による構造設計デザイン

ArtiosCAD による構造設計デザインPOP ディスプレイ設計対応のCAD システム「ArtiosCAD」による設計作業。専用CAD ならではの使い勝手・利便性、リボード用に 最適化された定型、3D 機能によるデジタルモックアップの作成、店頭陳列時のシミュレーションなど、ストレスの無い設計環境を提 供します。

作成したCAD データは、カット加工用データやグラフィックデザイン時のガイド線としてなど、様々な用途に流用されます。

ArtiosCADはPOPやディスプレイの作図を簡単に素早く行なうためのコマンドが搭載され、また3Dなどのシミュレーション機能を持ち設計段階で様々な検討を行なうことができます。

時間と資材を無駄にせず十分に検証した上で製品を作成することができます。

2.グラフィックデザインの印刷準備・ダイレクト印刷

グラフィックデザインの印刷準備・ダイレクト印刷 作成したデザインデータを印刷するには付け合せやRIP などの前準備が必要ですが、ディスプレイデータはデータサイズが大きくなる場合が多く、印刷までに手間と時間を要することがあります。


それらの効率を上げる為のネスティングソフト「Signup」、ワークフローRIP「CALDERA」、そしてUV インクジェットプリンタ「durst」での直接印刷により、品質と作業効率を両立させたワークフローを構築。手間になりがちな大判印刷を強力にサポートします。

3.Kongsberg による様々なカット方法を駆使した加工

Kongsberg による様々なカット方法を駆使した加工印刷が終わった物は、Kongsberg を使ってカット加工を行います。 ArtiosCAD で作成したCAD データをKongsberg へ出力するだけで簡単にカッティング・穴あけ加工を行うことができます。

折りが必要な部分に対しては、専用のツールを使っての45 度の角度切りを行うことにより、正確な90 度の折り曲げ加工を行えます。

また、複数の切れ込みをハーフカットで入れ、片面のライナーのみを剥がし取れば、R のついた曲面を作ることも可能です。ライナー を剥がす専用のツールも用意されています。

4.専用の組み立てパーツ・アクセサリを使用して仕上げ

専用の組み立てパーツ・アクセサリを使用して仕上げリボードには組み立て・仕上げ用のアクセサリが多数用意されています。プラスチックネジやコーナー留め具を使用することにより、組み立て作業が非常に楽になります。

エッジバンドはリボードの加工断面を隠すことができるため、一見すると紙で出来ているとは思えないほどの美しい仕上がりにすることができます。サイズ・カラー・模様のバリエーションも豊富に用意されています。

◆Re-board[リボード]アクセサリについてもっと詳しく…


NSK