Helios Plus Laser - ヘリオスプラスレーザー
[テキスタイル用レーザーカッター]/h1>

Helios Plus Laser

高速生産のためのテキスタイル用オートレーザーカッター

HELIOS PLUSは、大規模なラージファブリックを印刷しているプリントサービスプロバイダーの時間を節約し、 コストを削減するように特別に設計されています。 特別に開発されたスキャンシステムによりベッド全体を4秒以内でスキャンしてカッティングプロセスを実行します。

コンベアベルトシステムは、テキスタイルをシワを起こさず平らにキープしながら高速移動させることで正確で高速なカッティングを保証します。

ヘリオスプラスのソフトウェアは収縮と歪みを自動的に補正するため、手動測定する必要はありません。生地は、ほつれないようにシールされたエッジでサイズ通りに正確にカットされます。
用途: カッティング
加工資材: 日除け カーテン デジタルプリント

特徴

技術仕様
  • 全自動レーザーカッター
  • 利用可能な幅:3300mm及び5000mm
  • 切断長さ:3300mm
  • 切断速度:最大1.5リニアメーター/秒
  • レーザー出力:120 W-空冷(メンテナンスフリー)
  • スキャン速度:最大毎秒1m
  • CE安全規制に準拠
特徴
  • 生地に応じて調整可能なレーザー出力
  • 高速コンベアベルトシステム
  • カッティングブリッジのスキャンシステム
  • アシストなしの操作
  • 電動巻き戻しおよびエッジ制御
  • インテリジェントなソフトウェア-収縮を補正
  • 汎用性の高いスキャンシステム-レジストレーションマークに従って、又は印刷された輪郭をスキャンしてカットします
  • ロールのロードプロセス中の自己調整
  • 統合された煙吸引システム
  • 運用および保守の低コスト
  • 迅速なトラブルシューティングのためのリモートアシスタンス
  • 安全バリア
  • カットピースをピックアップするための拡張テーブル
  • ロールアップデバイス
強み
  • テキスタイル専用-このマシンは、ファブリックのみを念頭に置いて設計および製造されています。マルチツールレーザーとは異なる方法でファブリックを処理します。
  • 補助なしの操作-ロード後、機械はオペレーターを介さずに生地のロール全体をスキャンして切断します。
  • 完全なロールスキャン能力-サイズがテーブルの長さよりも大きい場合でも、カットプロセスを開始する前に、スーパーワイドフォーマットの印刷物を全体として読み取ることができます。これにより、伸縮率がファイル全体に適用され、印刷が正確にサイズに合わせて中央にカットされます。
  • 清潔で破片がない-布のみを切断しているため、まな板、木材、その他の硬い材料の破片で機械が汚れることはありません。
  • レーザー出力は、切断されるさまざまなファブリックに応じて調整可能です。これは、一定の品質であり、エッジの黄変や焼き付きがないことを意味します。
  • 高速コンベアベルトシステムは、生地を前進させ、平らに保ち、生地を自動調心し、表面の波を除去します。このコンベアベルトとヘリオスプラスがテキスタイルを加工する方法は非常にユニークです。
  • スキャンシステムはセットアッププロセスを高速化します-スキャナーは前進しながらテーブルの幅全体を読み取ります。個々のドットを1つずつ読み取るのではなく、全体として印刷されます。このプロセスは4秒未満で完了し、切断が開始されます。
  • スキャンシステムはブリッジにあります-これにより、スキャナーが読み取るときにファブリックがテーブル上に配置され、動かないことが保証されます。
  • 布は、コンベヤーベルトで送られているときに自動調整されます。これにより、生地がテーブル上で常に真っ直ぐになり、波がないことが保証されます。
  • 運用とメンテナンスの低コスト-交換するナイフ、ブレード、コンベアベルトはありません。
  • Maticのエンジニアは、マシンにリモートでアクセスして、問題のトラブルシューティングを支援し、最小限の時間で問題を解決することができます。