Home > 製品情報 > durst Rhotex 320

durst

インクジェットデジタルプリントシステム

durst Rhotexシリーズは印刷における屋内外・用途・シチュエーションを問わない幅広い対応が可能です。

 durst Rhotex 320

ここ数年、プロモーション用途として、テキスタイル資材へのデジタル印刷が大きく伸びています。旗・バナー・壁紙・バックライトサインなど、様々なシチュエーションでテキスタイルが使用され始めています。

テキスタイル資材の使用が増えてきている背景として、重量の軽さ、折り畳み可能で保管場所のスペースが確保しやすいこと、アセンブリの容易さ(立体フレームを覆っての立体物の制作など)、防炎加工の施しやすさが挙げられます。
また、リサイクル性が高く、簡単に処分することができることから、テキスタイルは環境に非常にやさしい素材であるともいえます。

Photoテキスタイルに印刷できるプリンタは多くありますが、そのほとんどで環境や人体に悪影響のある、溶剤系インクが使用されており、また水性インクを使用しているプリンタであっても、少ロット生産しかできないものが大半で、コスト・生産性ともに量産用途としては運用できないものがほとんどです。

Rhotex 320はテキスタイル素材のスーパーワイドフォーマットプリントを専門に行うために開発された初のプリンタです。インクもテキスタイル専用のものを新たに開発。水性ベースの分散染料インクはVOCを全く発生させない、人体にも環境にも優しいインクです。

Photo

◆性能、信頼性、コストパフォーマンスの全てを高レベルで実現するためのテクノロジー

  • 資材の皺・ヨレ・折り目補正や静電気防止機能を搭載したディスペンシングシステム
  • 連続印刷での稼働を止めないための、自動セルフクリーニングジェットシステム
  • 細かいコントロールが可能な温風による乾燥システムにより、資材全体を均一に乾燥させることが可能
  • 資材ごとの細かい機械設定をパラメータとして保存し、使用時は設定の一覧からロードすることが可能
  • 機械操作は統合されたソフトウェアによる一括制御
  • MISが組み込まれた印刷ソフトウェア
  • Adobe Creative Suite 5に対応したCALDERA-RIPソフトウェアの採用により、常に最新のファイルフォーマットに対応した最適なデータインポート・RIP環境を提供

◆Rhotex 320 テキスタイル専用インダストリアルプリンタ

Rhotex320は完全な工業用プリンタであり、24時間連続稼働を想定した頑強な設計と信頼性の確保、可能な限りの無人化を実現するための、徹底したオペレーションの簡潔・自動化、ワークフローや印刷品質を最高にするためのソフトウェアを搭載しています。
これにより高い持続性と、6色カラー・600dpiの解像度で最大70m/hの印刷速度を実現。POS/POPにおける高速で高品質な印刷を可能にしています。
Rhotex水性分散染料インクの耐光性は全てBlue Wool Scale5-6に準じており、屋外使用において約2年間の耐光性を実現し、印刷後もテキスタイルの質感に影響を及ぼしません。



durst Rhotex 320 スペック表

 
一般仕様・印刷仕様
機械寸法 W : 6800mm 
L : 1670mm
H : 1980mm
重量 約4,500kg
解像度 600dpi
標準インク CMYK
オプションインク ライトシアン、ライトマゼンタ、ライトブラック、スポットカラー
インク特徴 Rhotex水性分散染料インクは完全なVOCフリーで環境に優しく、耐光性基準はBlue Wool Scale 5-6、屋内外のアプリケーションに使用可能です。
インク供給部 10Lのインクタンクは印刷中でも補給可能。
ソフトウェア /RIP カルデラリップサーバー(GrandRip+)を採用。
高速処理を実現しながらもハードディスク容量を取りません。
生産効率 POPモード: 72m²/h
高解像度モード: 60m²/h

資材仕様
対応資材 ポリエステル(コーティングの有無を問わず)、ポリエステルを含む混合繊維。 (インクはポリエステル印刷向けに最適化されています) 他の素材は制限付きで印刷可能。
印刷幅 3200mm
印刷長
資材の厚み 2mm (資材による)
最大ロール半径 500mm (外径)
最大ロール幅 3200mm
最大ロール重量 約300kg

設置環境
スペース 最小9×9m
最高高度 海面より2400m
気温 15℃〜30℃
湿度 40〜80%

※ オプションは導入後でも自由に追加拡張が可能です。
※ 印刷素材により、印刷後の密着・耐候性が異なります。
※ 定着性能は素材により異なるので、インクの最適化設定が必要な場合があります。


NSK